フォトテクニカ株式会社

お電話でのお問い合わせは

TEL.048-871-0067 FAX.048-871-0068

レーザダイオード直接励起Yb:KGW高出力フェムト秒レーザ  PHAROS

logo_Light_Conversionbtn_catalog_enbtn_catalog_jpbtn_catalog_en

PHAROS_2015--

 

 Repitition-rate-(kHz)

Pulse energy vs                        base repetition rate

 

 

PHAROS_2016_2--

 

Harmonics-energy-vs-pulse-repitition-rate--

Harmonics energy vs               

pulse repitition rate

 

 

 

 

 

 

 

1.PHAROS-

 

I-OPA-グラフ

 

PHAROSは、Yb:KGW結晶をレーザ媒質に採用した高出力フェムト秒レーザ。

長寿命レーザダイオードにより直接励起が可能で、従来のチタンサファイア増幅器で

必要だった2台以上のグリーンレーザが不要となり、装置の小型化と省電力化を実現。

 

フェムト秒レーザの高出力化と、高いパルス繰返し動作の実現により、高品位、高精度

な加工を、より高速に実現。
出力、パルス繰返し周波数、照射タイミングも自由に正確にコントロール可能。
フェムト秒パルスにより、最小限の熱影響でデブリの少ないクリーンなアブレーション

加工を実現。

ORPHEUS(OPA)と組み合わせると、可変波長にて高繰返し、高出力、高ビーム品質の

フェムト秒パルスが得られるので、マルチフォトン顕微鏡、微細構造加工等に最適。

ORPHEUSについての詳細はこちらから

1台のPHAROSで複数台のOPA励起が可能。

 

特長

● 中心波長  1028nm

● 最大平均出力 20W
● パルス幅 190fs~10ps可変
● 高いパルス繰返し周波数(最大1MHz)
● パルス繰返し周波数可変(1kHz~1MHz)

● 最大パルスエネルギー 2mJ@1MHz
● 高品位なビーム品質 M2<1.2
● レーザーダイオード直接励起
● ワンボックスシールドパッケージ
● 豊富な波長変換オプション
● 短いウォームアップタイム
● 低ランニングコスト

● 高調波ユニット搭載オプション(自動切替・ 515nm,343nm,257nm,206nm)

 

用途

■ マイクロマシニング
■ マイクロ・ナノ構造の作製
■ 時間分解分光
■ バイオメディカル
■ ブラッググレーティング・ウェーブガイド製作
■ マルチフォトン光重合など

 

多光子顕微鏡(MULTI-PHOTON POLYMERIZATION)の応用例は →こちらから

フェムト秒・ピコ秒レーザ用途に最適な光学部品は  →こちらから

フェムト秒・ピコ秒レーザ用途に最適なレーザ結晶・非線形結晶は →こちらから

 

 

産業用グレード波長可変フェムト秒パルス光源 PHAROS I-OPA

24/7の産業用途で豊富な実績があり、信頼性の高い超短パルスレーザPHAROSに新しい

オプション(I-OPA) が追加。
I-OPAはPHAROSレーザヘッドに直付けされる波長ユニットで非常に広帯域に対応可能。
対象材料の特性に合わせて、吸収のある波長、吸収の無い波長などを選択することが出来、様々な加工手法実現の可能性が拡がる。

 

● I-OPA : 630nm~4500nm まで対応可能な波長ユニット

 

PHAROSを使用した産業用アプリケーション例(画像)は →こちらから

 

▲ページ先頭へもどる