フォトテクニカ株式会社

お電話でのお問い合わせは

TEL.048-871-0067 FAX.048-871-0068

 メーカーページ用ロゴ(230x70)

 

 

Light Conversion社は1994年に設立され、OPA(Optical Parametric Amplifier)の販売やOEM供給で、これまでに500台以上を出荷した実績を持ち、連続波長可変ウルトラファーストレーザのリーディングカンパニーになりました。
2005年には次世代のフェムト秒レーザとして期待される画期的、革新的なフェムト秒レーザPHAROSを発表し、より充実したラインナップでウルトラファーストレーザをユーザーに提供いたします。

 

 

 

PHAROSシリーズ 高出力フェムト秒・ピコ秒レーザ Light Conversion社

レーザダイオード直接励起Yb:KGW高出力フェムト秒レーザ  PHAROS

btn_catalog_enbtn_catalog_jpbtn_catalog_enメーカーページ用ロゴ(230x70)

PHAROS_2015--

 

 Repitition-rate-(kHz)

Pulse energy vs                        base repetition rate

 

 

PHAROS_2016_2--

 

Harmonics-energy-vs-pulse-repitition-rate--

Harmonics energy vs               

pulse repitition rate

 

 

 

 

 

 

 

category_pharos_2018.06-

 

I-OPA-グラフ

 

PHAROSは、Yb:KGW結晶をレーザ媒質に採用した高出力フェムト秒レーザ。

長寿命レーザダイオードにより直接励起が可能で、従来のチタンサファイア増幅器で

必要だった2台以上のグリーンレーザが不要となり、装置の小型化と省電力化を実現。

 

フェムト秒レーザの高出力化と、高いパルス繰返し動作の実現により、高品位、高精度

な加工を、より高速に実現。
出力、パルス繰返し周波数、照射タイミングも自由に正確にコントロール可能。
フェムト秒パルスにより、最小限の熱影響でデブリの少ないクリーンなアブレーション

加工を実現。

ORPHEUS(OPA)と組み合わせると、可変波長にて高繰返し、高出力、高ビーム品質の

フェムト秒パルスが得られるので、マルチフォトン顕微鏡、微細構造加工等に最適。

ORPHEUSについての詳細はこちらから

1台のPHAROSで複数台のOPA励起が可能。

 

特長

● 中心波長  1028nm

● 最大平均出力 20W
● パルス幅 190fs~10ps可変
● 高いパルス繰返し周波数(最大1MHz)
● パルス繰返し周波数可変(1kHz~1MHz)

● 最大パルスエネルギー 2mJ@1MHz
● 高品位なビーム品質 M2<1.2
● レーザーダイオード直接励起
● ワンボックスシールドパッケージ
● 豊富な波長変換オプション
● 短いウォームアップタイム
● 低ランニングコスト

● 高調波ユニット搭載オプション(自動切替・ 515nm,343nm,257nm,206nm)

 

用途

■ マイクロマシニング
■ マイクロ・ナノ構造の作製
■ 時間分解分光
■ バイオメディカル
■ ブラッググレーティング・ウェーブガイド製作
■ マルチフォトン光重合など

 

多光子顕微鏡(MULTI-PHOTON POLYMERIZATION)の応用例は →こちらから

フェムト秒・ピコ秒レーザ用途に最適な光学部品は  →こちらから

フェムト秒・ピコ秒レーザ用途に最適なレーザ結晶・非線形結晶は →こちらから

 

 

産業用グレード波長可変フェムト秒パルス光源 PHAROS I-OPA 

24/7の産業用途で豊富な実績があり、信頼性の高い超短パルスレーザPHAROSに新しい

オプション(I-OPA) が追加。
I-OPAはPHAROSレーザヘッドに直付けされる波長ユニットで非常に広帯域に対応可能。
対象材料の特性に合わせて、吸収のある波長、吸収の無い波長などを選択することが出来、様々な加工手法実現の可能性が拡がる。

 

● I-OPA : 630nm~4500nm まで対応可能な波長ユニット

 

PHAROSを使用した産業用アプリケーション例(画像)は →こちらから

 

▲ページ先頭へもどる

ワンボックス高出力フェムト秒・ピコ秒レーザ      CARBIDE

btn_catalog_jpbtn_catalog_enメーカーページ用ロゴ(230x70)

 carbide-40_2018.02

 CARBIDE 40W (水冷)

 

CARBIDE-40W-long-term-stability-201801_jpg

 long term stability (40W)

 

CARBIDE-40W-pulse-duration-201801_jpg

   pulse duration (40W)

 

CARBIDE-40W-spectral-width-201801_jpg

   spectral width (40W)

 

 

Carbide-2017

 CARBIDE 5W(空冷) 

 

CARBIDE__2017_Power-stability

       Power stability

 

CARBIDE__2017_position-stability

        Position stability

 

 

 

 

 

CARBIDEは、定評のある高性能フェムト秒増幅器:PHAROSの特徴をそのままに、
発振器からアンプまで全てを単一の筐体に統合することを実現。
高効率キャビティ設計。サイズが劇的に小型化。

LDドライバ、制御回路、空冷冷却部等が高度に統合されレーザヘッドに内蔵することで

電磁波ノイズ放射を軽減。製造現場の種々な環境にも対応できる堅牢なボディと設計。
また組み立てが容易で量産に最適化。

空冷(>5W)タイプに加えて、産業用グレード(>40W,<290fs, >400μJ, 1kHz~1MHz)

水冷 次世代型CARBIDE新登場!

CARBIDEはウルトラファーストパルスを必要とする産業用途で、比較的低い平均出力で

コストパフォーマンス効果のある様な市場、バイオメディカルアプリケーション等に

最適と言える。

 

特長
● ワンボックス
● コンパクト(632x305x173mm水冷)(631x324x167mm空冷)
● パルス幅が可変
● 繰返し周波数も自由に設定
● 操作が簡単
● パルスピッカー内蔵

● 出力、パルス繰り返し周波数、パルス幅の設定もコンピューターから一瞬で完了

● 高調波オプション(515/343/257nm)自動切り替え・本体に直付け
● 機器組込みに最適

● 水冷タイプは特に産業用グレードの堅牢な機械構造

 

 

主な仕様
  □ 中心波長        1028±5nm
  □ 最大平均出力      >5W  (空冷), >40W (水冷)
  □ 最大パルスエネルギー  >400μJ (水冷), >85μJ (空冷)
  □ パルス繰り返し周波数  60kHz~1MHz(空冷), 100kHz~1MHz(水冷)
  □ パルス幅        290fs~10ps可変

 

 

 

用途

■ 先端加工、高品位・高精度微細加工

■ 微細構造加工

■ 非線形光学

■ マイクロマシニング

■ マイクロ・ナノ構造の作製

■ 時間分解分光

■ バイオメディカル (デバイス製造、生物細胞関連)

 

 

 

 

 

フェムト秒・ピコ秒レーザ用途に最適な光学部品は  →こちらから

フェムト秒・ピコ秒レーザ用途に最適なレーザ結晶・非線形結晶は →こちらから

 

▲ページ先頭へもどる

LD直接励起方式Ybフェムト秒レーザ (オシレータのみ)    FLINT

btn_catalog_enメーカーページ用ロゴ(230x70)

Flint_2015-new

 

 

 

FLINT-Optical-Spectrum-

FLINTは、PHAROS シリーズのオシレータのみを自在に使用できるフェムト秒光源として

提供。堅牢で産業用グレードのメカニカルデザイン。 第二高調波(515nm)オプションを

装着(HERO)でき自動切換え可能。時間分解分光、非線形光学、微細構造加工など幅広く使用可能。

 

特長
● 高平均出力:>10W@76MHz
● 超短パルス幅:<80fs (外部分散補正なし)

● パルスエネルギー:>125nJ
● 高出力安定性 :<0.5%rms

 

用途
■ 多光子励起レーザ顕微鏡
■ THz発生
■ OPCPA

  <オプション>
■ CEP(Carrier Envelope Phase) 安定化システム
■ 外部同期 

 

▲ページ先頭へもどる

高繰り返し小型過渡吸収分光装置   HARPIA-TA, HARPIA

btn_catalog_enbtn_catalog_enbtn_catalog_enメーカーページ用ロゴ(230x70)

harpia-_2017

 

 

 

 

 

 

HARPIA-

HARPIA-TAは、高平均出力フェムト秒レーザPHAROS(>20W)を励起光源として、

PC 制御可変OPA:ORPHEUS(>1MHz)をプローブ光として組合せ可能な小型ポンプ

プローブシステム。

高繰返し・広帯域波長可変レーザシステムに特別の光学系、ソフトウェア、データ解析

ソフトを構築したもので、最大24μm まで波長可変でき分光分析等に最適。

 

以前に比べて極端にコンパクトになってリニューアルし、時代のニーズに合うように再構築

されており、最小限の光学パスでビームが届き、光学安定性が増加。

 

特長

● プローブ光:
   800nm励起白色光:350~1100nm
   1030nm励起白色光:350~750nm, 480-1100nm
● 対応波長域:240~2600nm

● 拡張可能なスペクトルレンジ:180nm~24μm
● ディレイレンジ:4ns, 6ns, 8ns
● ディレイ分解能:4.17fs, 6.25fs, 8.33fs
● パルス繰返し:1~1000kHz
● フォトダイオード or マルチチャンネルディテクター使用
● 寸法:730x420x160mm

● 分光分析に最適

 

応用 

■光化学 ■光生物学 ■光物理学 ■材料科学 ■半導体物理学 ■時間分解分光 

 

HARPIAは拡張型分光システムで、HARPIA-TF, HARPIA-TB を追加して拡張する

ことも可能。基本のHARPIAは多様な時間分解分光用の機能を有している。

驚異的に小さな設置スペースに組合わせて使用でき、スモールサイズにもかかわらず、

ユーザーの計測ニーズや新たな応用に合わせてカスタムな組合わせで対応可能。

 

応用 

HARPIA-TA  HARPIA-TF 

●フェムト秒過渡吸収              ●フェムト秒アップコンバージョン蛍光分光システム 

●数百ピコ秒~マイクロ秒での時間相関単一光子計数法 (TCSPC) 

 

HARPIA-TB + HARPIA-TA

●フェムト秒マルチパルス過渡吸収分光システム

 

HARPIA-TB + HARPIA-TA + HARPIA-TF 

●フェムト秒マルチパルス過渡吸収分光システム

●フェムト秒アップコンバージョン蛍光分光システム 

●数百ピコ秒~マイクロ秒での時間相関単一光子計数法 (TCSPC) 

 

④ その他カスタム対応

●過渡吸収信号や時間分解蛍光信号の強度分布の自動計測

 

*超高速分光分析用ソフトウェア → CarpetView

 

▲ページ先頭へもどる

高調波発生ユニット(第2・第3・第4 高調波)  HIRO(高出力フェムト秒レーザ用)

btn_catalog_enメーカーページ用ロゴ(230x70)

24-hiro

 HIRO-output-wavelength-

HIROは、高出力フェムト秒レーザ PHAROS, FLINT用 の高調波ユニットで、

515nm/343nm/258nm の出力波長を簡単に切り替えたり、3 波長同時出力も可能。

 

特長

● 繰返し>200kHz, 6W に対し、

  >3W@515nm、 >1.5W@343nm、>0.6W@258nm が得られる。

 

 

▲ページ先頭へもどる

レーザー発振器

フェムト秒・ピコ秒レーザ

▲ページ先頭へもどる