フォトテクニカ株式会社

お電話でのお問い合わせは

TEL.048-871-0067 FAX.048-871-0068

近赤外域用ファイバー入射分光器     AvaSpec-NIR

logo_Avantes_BV

Avantes社は1995年に設立され、分光器を中心とした光学機器のカスタム品や各種応用機器を発展させ、OEM製品を産み出していくという哲学のもと発展し、常に革新的で高精度、高品質、ユーザーフレンドリーの機器を創り出すことに力を置き、最先端の分光器、ファイバー、ソフト、光源、アクセサリーを提供しています。

 

光学ベンチ(AvaBench-ULS)

アプリケーションに対応する分光器ガイド
グレーティングの種類と波長への影響
グレーティング選択表例
ディテクター仕様と波長分解能グラフ
NIR Lineディテクター仕様
ディテクターの種類と特徴

btn_catalog_jpbtn_catalog_en

 

 

 

AvaSpec-NIR256-512-2.0,2 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AvaSpec-NIR256-2.5-HSC

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AvaSpec-NIRは、長波長測定用に光学設計され、高分散で高性能 な近赤外分光器

シリーズ。冷却無しのタイプと新開発のノイズが飛躍的に削減されたサーモエレクトリック冷却タイプ。

新開発されたサーモエレクトリック冷却タイプのInGaAs ペルチェ冷却ディテクターは、

環境に左右されずに-25℃まで冷却することが可能。これによりノイズが飛躍的に削減し、光の少ない環境下での計測や蛍光計測等に最適。その他品質管理用として溶液に含まれる

水分量計測、プラスチックの成分分析、太陽光発電用モニターの発光測定等.各種の応用

計測に対応。

 

特長

◆ 冷却無しディテクター(Linear InGaAs array,256 pixels)
               AvaSpec-NIR256-1.7  (900-1750nm)

   ●焦点距離:50mmの光学ベンチ

   ●NIR(900-1750nm) で効率が良く低価格で経済的

   ●データ集積時間が10μm で高速で変換効率が良い(1.06ms/scan)
   ●高速、高感度測定
   ●スリット交換(RS) 対応可能       

 

◆ サーモエレクトリック冷却ディテクタ-

         (Linear InGaAs array,256/512 pixels,TE-cooling)

                   AvaSpec-NIR256-1.7TEC      (900-1750nm)                 

                   AvaSpec-NIR512-1.7TEC  (900-1750nm)    

                 AvaSpec-NIR256-2.0TEC    (1000-2000nm)                     
             AvaSpec-NIR256-2.2TEC   (1000-2200nm)        
             AvaSpec-NIR512-2.2TEC   (1000-2200nm)   

   ●サーモエレクトリック冷却光学ベンチ(焦点距離:50mm)
   ●従来より冷却技術が向上し高パフォーマンスを提供
   ●低ノイズ
   ●光の少ない環境においても高感度測定可能
   ●高感度測定モードと低ノイズ測定モードの切換え可(ソフトオプション)

 

◆ 中赤外高感度測定実現 最新型                                

   最新サーモエレクトリック冷却ディテクタ-

         (Linear InGaAs array,256 pixels, 2-stage TE-cooling)

                   AvaSpec-NIR256-2.5-HSC      (1000-2500nm) 

                        (Linear InGaAs array,512 pixels, 2-stage TE-cooling)

                   AvaSpec-NIR512-2.5-HSC      (1000-2500nm)

 

         ●新開発サーモエレクトリック冷却光学ベンチ(焦点距離:100mm)により

    これまで以上に環境に左右されずに-25℃まで冷却が可能で中赤外域で

    従来の2倍の高感度での測定が実現!!
   ●光学ベンチのサイズが2/3になり、全体の大きさが従来の半分に重さも2/3に

    削減

   ●ノイズが飛躍的に削減し、乱反射、拡散反射計測や蛍光計測などに最適     

   ●高感度測定モード(HS)と低ノイズ測定モード(LN)の切換え

   ●最小露光時間: 10μs

        ●最新の512 pixels タイプは波長分解能:>2.6nm,   S/N:  4000:1(LN) の

    高パフォーマンスで計測が可能

 

▲ページ先頭へもどる

▲ページ先頭へもどる