お電話でのお問い合わせは

TEL.048-871-0067 FAX.048-871-0068

波長可変フェムト秒レーザシステム  UltraFlux

btn_catalog_en

 

 UltraFlux series

 

 UltraFlux long term power stability measurement

at 800nm wavelength

 

UltraFlux typical beam

 

 

      ultraFlux FF/FT5000

UltraFlux は新しい OPCPA (光パラメトリックチャープパルス増幅器)の技術に基づいて開発された、シンプルで費用効果の高いフェムト秒レーザシステム。 フロントエンドデザイン(パテント)を採用しており、波長可変シード光源として培われたファムト秒ピコ秒ファイバーレーザの技術により、極端パ ルス幅にてハンズフリー波長チューニングが可能。 シード光 源とアンプスペクトラムの同期やフェムト秒とピコ秒出力の同期(オプション)が可能

 

UltraFlax FT300シリーズ

特長

●波長チューニングレンジ:700~1010nm
●最大パルスエネルギー:3mJ@1KHz
●最小パルス幅:20~60fs
●高調波SH/TH harmonics module: SH 375~480 nm, TH 250~320 nm

高調波SH/TH/FH harmonics module: SH 375~480 nm, TH 250~320 nm, FH 210~230 nm

 

用途

■広帯域CARS / SFG
■フェムト秒励起分光
■非線形光学
■高度な高調波生成

 

 

 

◆高エネルギー波長可変フェムト秒レーザシステム

UltraFlax FF/FT5000シリーズ

特長

●波長チューニングレンジ:750~960nm
●最大パルスエネルギー:50mJ
●最小パルス幅:10~20fs@100Hz

●最大繰り返し:1kHz

●長時間高エネルギー安定性:1.5%RMS
●高調波SH/TH/FH harmonics module: SH 375~480 nm, TH 250~320 nm, FH 210~230 nm

 

用途

■広帯域CARS / SFG
■フェムト秒励起分光
■非線形光学
■高度な高調波生成

■プラズマ中の粒子加速度

▲ページ先頭へもどる