お電話でのお問い合わせは

TEL.048-871-0067 FAX.048-871-0068

Plasma Conference 2020 ➡オンライン展示会に変更

会期:  2020年 12月1日(火)~4日(金)

 

AvaSpec進化型分光器を使用した高性能プラズマ計測システム

マルチチャンネルの高性能プラズマ計測システムはAvaSpec-ULS2048CL-EVOを複数チャンネル使用し、チャンネル毎にプラズマの幾つもの放射ピークを紫外域から近赤外域まで的確に捉えることが可能で、これまでに無い高波長分解能での計測が実現可能。

プラズマのより高性能な計測の為に開発したシステムで、専用の分析用ソフトウェア、独自の多分岐ファイバーを使用し、チャンネルごとにグレーティング・スリットを設定して高波長分解能での計測ができる。しかも一体型なので無駄なく費用効果も高い。

                                                                                                       

特長

◆4ch 低コスト、高波長分解能システム
●波長域: 200~1030nm
●4ch デスクトップ型 (AvaSpec-ULS2048CL-EVO x 4)
●最大波長分解能: 0.18nm

専用ソフトウェアに一般的なマテリアルやコーティング材料の

物性値がデータベース化されており、選択して使用可能。    

  

 

◆8~10ch 超高波長分解能システム
●波長域: 200~1070nm
●ラックマウント型(AvaSpec-ULS2048CL-EVO x 8~10)
●最大波長分解能: 0.10nm  

                                                                                                 

用途
■半導体
■太陽電池
■核融合炉
■カミソリの刃
■ガラスコーティング

最新の分光器 
                                                   
 AvaSpec-2048CL-EVO      AvaSpec-Mini           AvaSpec-Mini-NIR      プラズモニックセンサ基板   

 

 

 

詳細はhttp://www.jspf.or.jp/jspf_annual2020/jp/index.html

 
 
 
 

 

 

                                                            

 

 

 

 

▲ページ先頭へもどる