お電話でのお問い合わせは

TEL.048-871-0067 FAX.048-871-0068

ISUILS2022(International Symposium on Ultrafast Intense Laser Science)➡オンライン開催

オンライン開催    会期:2021年 1/29(土)セミナー~年数回 2022年継続 開催

 

★ISUILS Online 8 - an online seminar -

Date: January 27 (Thu), 2022 

  1. Time: 21:00 - 22:30 JST
    13:00 - 14:30 CET, 7:00 - 8:30 CEST

Zoom Webinar

Title: A new generation in short-pulse measurement tools (e.g.) at APE GmbH (Germany)

  1. Speaker name: Dr. Mateusz 

http://www.isuils.jp/online/index.html

 

APE社製 次世代型リアルタイムパルス幅計測器 pulseCheck NX

 

特長

★スキャンレンジ50 psモデルは前例のない時間分解能、50 アトセカンドを達成。

★エレクトロニクスは本体内蔵となり、TCP/IPを介したSCPIリモート制御可能。

  • ●TPA測定波長     :250 – 3200 nm  
    ●PD, PMT 測定波長 :200 – 3200 nm  or  3 – 12 μm,
  • ●測定パルス幅     :5 fs – 15 ps  or  10 fs – 40 ps  or  20 fs – 500 ps (pulseCheck SM2000)

  • ●トリガ入力による低繰返し周波数測定対応可能。
  • ●位相情報測定FROGオプション追加可能。

●高精度・高ダイナミックレンジ・低ノイズ: 

18bitにて高分解能アト秒のディレイと新しく開発されたsysytem-on-chipを基本とした設計により、レーテンシが少なく淀みない測定ができより高速に高精度な測定が可能                                             

●光の少ない環境下等での計測の可能:         

強化された最新の低ノイズアンプが直接ディテクタヘッドに高度に統合されて、紫外域でも低パルスエネルギーにも対応可能でいつも迅速な計測が実現

●直感的なGUIと統合されたソフトウェアと包括的なデータ解析:    

パルス幅計測・パルス品質の記録と共にメタデータダッシュボードにより主となる計測のパラメータ軌跡が簡単に表示され、データ転送もわかる

●自動テスト・リモートコントロール:        

USB及びイーサネット接続を介してplug&play機能を提供し、自動テストやリモートコントロールが可能

 

主な仕様

モデル     pulseCheck NX50                  pulseCheck NX150            pulseCheck SM2000 

 

パルス幅               5fs-15ps                             15fs-40ps                           20fs- 500ps

計測波長               200nm-12μm                       200nm-12μm                    200nm-12μm

ディレイ               50 attoseconds                     150 attoseconds                1 fs

分解能               18bit                                   18bit                                  18bit

ディテクタ            PD, PMT, TPA                       PD, PMT, TPA                     PD, PMT, TPA 

 

 

 

★ISUILS Online 4 - an online seminar -

Date: May 19 (Wed), 2021
Time: 21:00 - 22:30 JST
8:00 - 9:30 EDT, 14:00 - 15:30 CEST

Zoom Webinar

Title:  “OPCPA design and manufacturing at Light Conversion”.

http://www.isuils.jp/online/index.html

 

広告参加 とLight Conversion 社のスポンサーpresentationが有ります。

Light Conversion社製

ハイエンドOPCPA(Optical Parametric Chirped-Pulse Amplification)システムは、長年のコリニア&ノンコリニアOPAの開発技術、並びに高度なフェムト秒レーザの技術を基本として開発されたカスタムタイプのシステムで、豊富な実績のある高出力・高繰返しフェムト秒レーザ:PHAROSをフロントエンドとして採用しています。極短光パルスのキャリアエンベロープ位相(CEP)制御・安定化が可能なので、更なる極端パルス、更なる高ピーク出力・高平均出力等、アプリケーションのニーズに応える為の光源と言えます。

◆コンパクト、CEP安定性タイプ ORPHEUS OPCPA

特長

●波長帯域:800nm~3μm

●励起出力:20~320W

●パルス幅:<6fs

●パルス繰返し:<1kHz~1MHz

●パルスエネルギー: 0.2~8mJ

●CEP安定性<250mrad

 

◆高エネルギータイプ  OPCPA-HE                                                         

ピコ秒Nd:YAGレーザ励起、ORPHEUS-OPCPAシード光源

特長

●100mJまでの出力エネルギーが1kHzのパルス繰返しにて得られる

●温度的に安定したOPAと共にパッシブなCEP安定化

ピコ秒の時間スケールにおいて高い時間コントラスト

●信頼性の高い励起光源との同期

●ピークパワー:~5TW

 

 

 

★理科学/研究開発⽤・産業⽤⾼平均出⼒・⾼エネルギー・⾼繰返しフェムト秒レーザ︓PHAROS

 


LC社製PHAROSは⾼品位・⾼精度な加⼯に豊富な実績が有り、アプリケーション開発にも最適です。
3mJ/20W/190fs@1033nm型が新登場してパルス・オン・デマンド機能、強度包絡線の調整等⾃由度
のあるバーストパルス動作により、ICチップ製造等のハイテク産業の製造現場等で内部加⼯、多層構造・
透明材等各種材料に⾼品位・超精密・⾼精度な微細加⼯を最⼩限の熱影響で実現可能です。専⽤のOPAと
組合わせて各種の分光⽤途等理科学⽤途にも最適です。
●波⻑︓1030nm±2nm
●パルス幅︓100fs〜20ps可変
●最⼤パルスエネルギー︓3 mJ
●最⼤平均出⼒︓20W
●繰返し周波数︓シングルショット〜1MHz
●直付け⾼調波︓515/343/257/206nm
●CEP安定化オプション

●BiBurst

 

 

▲ページ先頭へもどる