お電話でのお問い合わせは

TEL.048-871-0067 FAX.048-871-0068

ISUILS2021(International Symposium on Ultrafast Intense Laser Science)➡オンライン開催

オンライン開催  

会期:2021年 1/29(土)セミナー~年数回 開催

 

ISUILS Online 4 - an online seminar -

Date: May 19 (Wed), 2021
Time: 21:00 - 22:30 JST
8:00 - 9:30 EDT, 14:00 - 15:30 CEST

Zoom Webinar

Title:  “OPCPA design and manufacturing at Light Conversion”.

http://www.isuils.jp/online/index.html

 

広告参加 とLight Conversion 社のスポンサーpresentationが有ります。

 

 

Light Conversion社製

ハイエンドOPCPA(Optical Parametric Chirped-Pulse Amplification)システムは、長年のコリニア&ノンコリニアOPAの開発技術、並びに高度なフェムト秒レーザの技術を基本として開発されたカスタムタイプのシステムで、豊富な実績のある高出力・高繰返しフェムト秒レーザ:PHAROSをフロントエンドとして採用しています。極短光パルスのキャリアエンベロープ位相(CEP)制御・安定化が可能なので、更なる極端パルス、更なる高ピーク出力・高平均出力等、アプリケーションのニーズに応える為の光源と言えます。

◆基本タイプ OPCPA frontends

特長

●波長帯域:800nm~3μm

●ピーク出力:>5TW

●パルス幅:<6.5fs

●パルス繰返し:<100kHz~200kHz

●パルスエネルギー: 100μJ @1~10kHz

●CEP安定性<250mrad

 

◆高エネルギータイプ  OPCPA-HE                                                         

ピコ秒Nd:YAGレーザ励起、ORPHEUS-OPCPAシード光源

特長

●100mJまでの出力エネルギーが1kHzのパルス繰返しにて得られる

●温度的に安定したOPAと共にパッシブなCEP安定化

ピコ秒の時間スケールにおいて高い時間コントラスト

●信頼性の高い励起光源との同期

●ピークパワー:~5TW

 

◆高繰り返しタイプ OPCPA-HR                                               

InnoSlabレーザ又はThin-Diskレ-ザ(Yb:YAG)励起

特長

●200kHzの繰返しにて200μJまでの出力エネルギーが得られる 

●温度的に安定したOPAと共にパッシブなCEP安定化

●PHAROSのフェムト秒レーザ励起と連続した白色光のシード光源により、ピコ秒の時間スケールにおいて高い時間コントラスト

●ピークパワー:~10GW

 

★理科学/研究開発⽤・産業⽤⾼平均出⼒・⾼エネルギー・⾼繰返しフェムト秒レーザ︓PHAROS

 


LC社製PHAROSは⾼品位・⾼精度な加⼯に豊富な実績が有り、アプリケーション開発にも最適です。
20mJ/20W/190fs@1033nm型が新登場してパルス・オン・デマンド機能、強度包絡線の調整等⾃由度
のあるバーストパルス動作により、ICチップ製造等のハイテク産業の製造現場等で内部加⼯、多層構造・
透明材等各種材料に⾼品位・超精密・⾼精度な微細加⼯を最⼩限の熱影響で実現可能です。専⽤のOPAと
組合わせて各種の分光⽤途等理科学⽤途にも最適です。
●波⻑︓1030nm±2nm
●パルス幅︓190fs〜20ps可変
●最⼤パルスエネルギー︓>2 mJ
●最⼤平均出⼒︓>20W
●繰返し周波数︓シングルショット〜1MHz
●直付け⾼調波︓515/343/257/206nm

 

ISUILS 詳細HP:   http://www.isuils.jp/online/index.html

 

▲ページ先頭へもどる