お電話でのお問い合わせは

TEL.048-871-0067 FAX.048-871-0068

第8回アジア分光学国際会議(新潟十日町Atema Kogen Resort Belnatio)➡2022/9/4-7 に延期

会期:2022/9/4(日)~ 9/7(水) 

 

場所:新潟県十日町市アテマ高原のホテル

 

弊社はシルバースポンサーとして協賛しています。

 

 

分光学国際会議に弊社の製品で関連しているもの

logo_APE

CARS・SRS顕微分光用 一体型 ピコ秒波長可変レーザ   picoEmerald

picoEmeraldは一体型のピコ秒波長可変レーザで、パルス幅2ps、線幅10cm-1により、高い信号強度とスペクトル分解能を実現。指紋領域を含む400~9000 cm-1のラマンバンドをカバーし、波長スイープ機能を搭載する。 波長を変更しても2色の光パルスは、時間的・空間的に完全オーバーラップする。更にオプションで、高周波ロックイン計測のために、700~1950nmで 波長可変でき、変更しても2色の光パルスは、時間的・空間的に完全オーバーラップする。

オプションで、高周波ロックイン計測のために、ポンプレーザ光340~1100nmにおいて出力の8~20MHz 高速強度変調が可能で、ビデオレートSRSイメージングにも対応する。

CARS、SRS以外にも、多光子蛍光や第二高調波発生を含むマルチモーダルイメージン グに最適。 

 

 

顕微鏡用スキャニングオートコリレーター                Carpe 

Carpeは、マルチフォトンレーザ顕微鏡用に特別に設計されたオートコリレーターで、顕微鏡を通過前後のパルス幅を容易に測定することが可能。顕微鏡内光学系のフェムト秒パルスへの影響を計測し、材料分散によるレーザパルス幅の広がりを知り、観察の最適化のための情報を得ることが可能。

特長

●顕微鏡導入前のパルス幅も光軸を切り替えることで容易に測定
●サンプル位置でのレーザパワー計測
●高NA対物レンズ・液浸対物レンズに対応した測定も可能
●パルス幅測定 ( 50fs-3.5ps )
●対応波長域:700~1250nm, 1250~2000nm
●波長計測 ( オプション )

 

 

 

 

国際会議の詳細はこちらから

 

 

 

 

 

 

▲ページ先頭へもどる