お電話でのお問い合わせは

TEL.048-871-0067 FAX.048-871-0068

CLEO-Pacific Rim 2022/ISOM'22/ODF'22 併設エキシビジョン (札幌コンベンションセンター)

CLEO Pacific Rim Conference on Lasers and Electro-Optics (CLEO-PR2022), ISOM'22, ODF'22 の国際会議がこの夏同時開催されます。その際に併設のエキシビジョンが開催され、弊社はLC社と協賛で出展致します。

  

会期:2022年 8月 1日(月)~4日(木) 

会場:札幌コンベンションセンター エントランスホール

 

                     

PHAROSはダイオード励起のフェムト秒レーザの高出力化と高いパルス繰返し動作の実現により、高品位・高精度な加工をより高速に実現した定評のあるレーザです。パルスピッカー内蔵によりパルス・オン・デマンド機能を搭載し、パルス幅可変、高度なサーマル安定化システムにより信頼性の高いフェムト秒レーザです。出力、パルス繰返し周波数、照射タイミングも自由に正確にコントロール可能で、フェムト秒パルスにより、最小限の熱影響でデブリの少ないクリーンなアブレーション加工を実現しています。

2020年にはモデルが追加して加工用途が拡がり、フレキシブルなBiBurstモードにより新しいハイテクな製造業において材料加工の拡張性が加わりました。

そして2021年12月、高エネルギーモデル:3mJ, 20W<350fs 及び パルス幅最短モデル:<100fs, 20W, 0.4mJ が新登場しました。 理科学用途に於いても産業用途に於いても、アプリケーションのニーズに合わせてより選択肢が拡がります。

 

●最大出力: 20W

●最大パルスエネルギー: 3mJ
●パルス繰返し: single ~ 1MHz

●パルス幅: 100fs (100fs ~ 20ps 可変)
●高調波オプション: 515/343/257/206nm (直付け 自動切換え)

 

 

CARBIDEは、定評のあるフェムト秒レーザ PHAROS の機能をそのままに、サイズを劇的に小型化し、レーザ発振部、電源コントローラ、冷却系を集約したワンボックスタイプの小型空冷型として作成され、2018からは産業用途向けに光学・機械設計された高性能、高出力の水冷タイプが加わりました。パルスピッカー内蔵によりパルス・オン・デマンド機能を搭載し、パルス幅可変、機器組込み対応、高調波オプションも豊富で費用効果の高いフェムト秒レーザです。パルスの品質と安定性に優れており、コンパクトで堅牢なボディは産業現場の環境に左右されずに24/7の稼働実績も豊富です。

2020年には80W・0.8mJタイプが加わり、高精度微細加工、マイクロマシニング、マイクロ・ナノ構造の作成、バイオメディカル等の加工に最適で、BiBURSTモードが追加され材料加工の可能性が拡がりました。

そして2021年12月、高エネルギーモデル: 2mJ, 80W, <350fs, single ~2MHz が新登場しました。産業用途に於いてアプリケーションのニーズに合わせてより選択肢が拡がります。

 

●最大出力: 80W

●最大パルスエネルギー: 2mJ
●パルス繰返し: single shot ~ 2MHz

●パルス幅: 190fs (190fs ~ 20ps 可変)
●高調波オプション: 515/343/257nm ( 自動切換え)

Light Conversion社製

産業⽤グレードワンボックス⾼平均出⼒・⾼繰返しフェムト秒レーザ︓CARBIDE      

 

                                     

 

CLEO-PR2022/ISOM'22/ODF'22 

 

▲ページ先頭へもどる