お電話でのお問い合わせは

TEL.048-871-0067 FAX.048-871-0068

ダイオード励起空冷 Qスイッチ・ナノ秒レーザ  Quantas Q1

logo_Quantum_Light_Instrumentsbtn_catalog_enbtn_catalog_en

 

 

 

 

Quantas-Q1-1053_2016.06-

Quantas Q1-1053

 

 

 

 

 

 

 

 

Quantas-Q1-1064_2016.06-

Quantas Q1-1064                                           

 

 

Quantas Q1は完全空冷のQスイッチレーザで、低繰返しにて高ピークパワーが得られるように光学設計されており、冷却システムのメンテナンスも不要。

レーザ誘起ブレークダウン分光法 (LIBS)、レーザ誘起蛍光法 (LIF) 等のレーザ応用分光やレーザアブレーション、PLD製膜法、リモートセンシング、TFT-LCDリペア等の幅広いアプリケーションに対応でき、最も高い費用効率が見込める。

 

Quantas Q1-1053シリーズ

特長

●波長:1053nm ●パルスエネルギー:最大40mJ

●繰返し周波数:シングルショット~10Hz

●パルス幅:<8ns ●ピーク出力:>6MW (モデルQ1D) ●高調波オプション:527/351/263/211nm

●ファイバー出力:7mJ@1053/527nm (オプション)

●コンパクトなレーザヘッド:113x230x112mm

●リモートコントロール ●低ジッターにて外部トリガーパルス取得可能 ●OEM対応

Quantas Q1-1064
Quantas-1064は Nd:YAG 結晶を良い状態で使用する為、繰返し周波数はQ-1053より高めで30mJ@20Hz 又は 10mJ@50Hz が得られる。

特長

●波長:1064nm ●パルスエネルギー:最大32mJ

●繰返し周波数:シングルショット~10, 20, 50Hz

●パルス幅:<8ns ●ピーク出力:>5MW (モデルQ1D) ●高調波オプション:532/355/266/213nm

●ファイバー出力:7mJ@1064/532nm (オプション)

●コンパクトなレーザヘッド:113x230x112mm ●低ジッターにて外部トリガーパルス取得可能

●リモートコントロール ●OEM対応

Quantas Q1 は高調波オプション (Q1-HG) により、第1、第2、第3、第4、第5 高調波の出力が可能

用途

  • レーザ誘起ブレークダウン分光法 ( LIBS )
  • 飛行時間分光法 (TOFS)
  • レーザ誘起蛍光法 ( LIF )
  • レーザフラッシュ・フォトリシス法
  • マトリックス支援レーザ脱離イオン法 (MALDI)
  • パルスレーザ堆積法 (PLD)
  • リモートセンシング
  • レーザアブレーション

 

ナノ秒レーザ用途に最適な光学部品は→こちらから

ナノ秒レーザ用途に最適なレーザ結晶・非線形結晶は→こちらから

 

 

▲ページ先頭へもどる