お電話でのお問い合わせは

TEL.048-871-0067 FAX.048-871-0068

中赤外4.2μm広帯域 ファイバーレーザ ( 白色光スーパーコンティニアム光源) Coverage

logo_Novaebtn_catalog_en

Coverage_

 

 

 

 

 

Coverageは、ターンキー操作のスーパーコンティニアム光源で(1.9μm~4.2μm) の中赤外の広帯域スペクトル光が発振されるファイバーレーザ。

高輝度で高い平均出力の光が得られるので、分光・顕微分光や、光学対策 などの幅広いレンジを必要とするアプリケーションに最適。

1mW/nm を実現している高性能ファイバーレーザを基本として構成されている。

 

特長 

  • 波長レンジ: 1.9μm~4.2μm
  • 平均出力: >900mW 
  • スペクトル密度: 0.5mW/nm
  • パルス繰返し周波数:~2.4MHz
  • 高品位なビーム品質: 回折限界のビーム、ガウシャン、シングルモード
  • 出力安定性: ±1%

 

用途

■スペクトル分光

■中赤外分光

■ファイバーオプティクス特性評価

■微量ガス分析

■光対策

 

2016年、世界初のテーブルトップ顕微分光イメージング(リバーサンプル内の脂質小胞)のデモ用途に使用されている。そしてこれまでのレーザで行った顕微分光イメージングと同じ解像度のシンクロトロン、同等のS/N比で行えることをデモすることにより、顕微分光の新らたな道が拓かれたと言える。

 

 image_2017.3   image-2_2017.03

            高解像度(3x3μm2)FTIR 顕微分光

▲ページ先頭へもどる