お電話でのお問い合わせは

TEL.048-871-0067 FAX.048-871-0068

CCDディスプレイ付近赤外ビューア   Contour M CCD camera with display

btn_catalog_enoptpgama_230x70

IR-Viewer_Contour M CCD camera with display_2018

 

 

     IR-Viewer_Contour-M-CCD-camera-with-display-2_2018

 

 

IR Viewerは、近赤外域から中赤外域のレーザ光やLED,IR光源からの光を観察したり、

検査したり記録したりするために直接或いは間接的に光を取り込みモノクロイメージで

可視化できる近赤外ビューア。

OPTOGAMA社はラボで使用したり、各種の実験の道具としてレーザ周辺機器を取扱って

おり、IRビーム調整・検査や光ファイバーのアライメント用に、写真加工や通信用に

近赤外レーザを使う際に便利な道具の1つと言える。

Contour M CCD camera with displayは CCDカメラ型の近赤外ビューアで、4インチ

ディスプレイの中に高感度・低ノイズCCDカメラを内蔵しており、近赤外域の観察・

検査・登録・記録などの幅広い用途に使用できる。

CCDカメラは高感度・低ノイズ Si CCDセンサーと2光子吸収現象を基本に、高性能マイ

クロレンズシステムとSi上に特別なコーティングをして画像の質を高めている。 

 

特長
●センサーサイズ:1/3 inches, 6.3x4.7 mm

●ピクセルサイズ:6.5(h)x6,25(w) µm

●ディスプレイサイズ:4 inch TFT-LCD 480×234

●最大解像度:300 TV lines
● 波長域:400~1700nm

●S/N値:46 dB

●輝度、コントラスト調整
● 2.5時間連続使用が可能 
● バッテリー(外部電源DC12V, 400mAも可能)

●ハンドヘルド又は三脚に固定

●IRカットフィルター、AC/DCアダプタ、バッテリ、ケース付き

●サイズ:160x95x100 mm, 770g

 

用途

■レーザのアライメントや安全確認

■半導体の検査

■法科学や美術品の復元

■写真加工

■サーマルイメージング

 

 

 

▲ページ先頭へもどる