お電話でのお問い合わせは

TEL.048-871-0067 FAX.048-871-0068

 

EKSPLA社は1992年に設立されましたが、そのルーツは1983年設立のEKSMA 社レーザ部門にさかのぼります。 製品の品質と信頼性、迅速な供給、高レベルサービスだけでなく、顧客ニーズに対し常に注意を払っています。近年ダイオード励起のコンパクトなフェムト秒・ピコ秒・ナノ秒レーザを新開発し、理科学用~産業用・加工用に最適な堅牢で密封構造、長寿命を実現しています。空冷ダイオード励起の高エネルギー型・高繰返し型のナノ秒レーザは高安定性で費用効果も高い上、高調波利用のUV光~青色光は脆い材料や透明材料加工に最適です。

       

NL200/210,NL230/740, NL120 シリーズ ダイオード励起ナノ秒レーザ  EKAPLA社

高繰返しLD 励起小型(高エネルギー)YAG レーザ NL200/NL210シリーズ

btn_catalog_en

NL200

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

NL210

NL200シリーズは、ダイオード励起により長時間メンテナンスフリー動作を実現し、堅牢な筐体で高安定性を維持出来るので幅広い用途に対応可能。
高いパルス繰返し周波数にて高エネルギーが得られるので、分光計測用だけではなく、材料加工やリモートセンシング等幅広い用途に対応可能。
コンパクトで堅牢しかもパルス繰返しが可変でき、外部トリガー機能搭載等により、レーザPLD やレーザアブレーションに最適。

 

特徴

● 波長:1064nm
● 最大パルス繰返し:2500Hz
● パルス幅: <7~10ns
● 最大パルスエネルギー:
     4.0mJ@1064nm, 1000Hz

     0.3mJ@532nm, 2500Hz 

     0.2mJ@355nm, 2500Hz

     0.6mJ@266nm, 1000Hz

     0.2mJ@213nm, 1000Hz

● 高調波オプション:
532/355/266/213nm

 

分光計測, リモートセンシング, 材料加工, 透明材料内部加工, パルスレーザ堆積法(PLD),
マイクロマシニング, マーキング, 深堀加工

 

 

 

                             

 

NL210シリーズは、ダイオード励起のQスイッチレーザで高強度・高輝度パルスを生成出来るように設計され、1000Hzにて10mJの高エネルギーが得られるので、非線形レーザ分光やマテリアルアブレーション、マイクロマシニング等に最適。

電気光学型のキャビティダンパーを採用しているので、3-4nsの短パルスが得られる。                

冷却用のチラーは外付けの冷却水が不要なクローズドループタイプで、ビルドイン型の冷却水が空冷に変換されるため、ランニングコストが削減できる。

 

特徴

● 波長:1064nm
● パルス繰返し:<1000Hz
● 最大パルスエネルギー:10mJ@1064nm,  5mJ@532nm,

    3mJ@355nm, 1mJ@266nm 
● パルス幅: <3-4ns
● 高調波オプション:532/355/266nm

 

 

▲ページ先頭へもどる

▲ページ先頭へもどる