お電話でのお問い合わせは

TEL.048-871-0067 FAX.048-871-0068


APE社製オートコリレーターは、ウルトラファーストレーザ(フェムト秒・ピコ秒レーザ)のパルス幅を容易に測定することができます。拡張性の高い高性能オートコリレーターpulseCheck、低価格で高機能な小型オートコリレーターMini、そして顕微鏡通過前後のパルス幅測定ができるCarpeの基本シリーズの豊富なラインアップから最適なものをお選びいただけます。2021年5月、次世代型の極短パルス計測ツールとしてソフトウェア、エレクトロニクス、メカニクス、オプティクスを統合した pulseCheck NXが登場し、進化した新世代のオートコリレータをお届けいたします。

pulseCheck NX, Mini, Carpe オートコリレーター    APE社

顕微鏡用スキャニングオートコリレーター Carpe 

logo_APEbtn_catalog_en

  Carpe

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CARPE+FemtoControl  で

より鮮明な画像が得られる(右側)

 

3光子顕微鏡の分散カーブ

Carpeは、マルチフォトンレーザ顕微鏡用に特別に設計されたオートコリレーターで、顕微鏡を通過前後のパルス幅を容易に測定することが可能。

顕微鏡内光学系のフェムト秒パルスへの影響を計測し、材料分散によるレーザパルス幅の広がりを知り、観察の最適化のための情報を得ることが可能。

 

特長

●顕微鏡導入前のパルス幅も光軸を切り替えることで容易に測定
●サンプル位置でのレーザパワーそくてい測定:0~30mW, 0~300mW@700~1050nm
●高NA対物レンズ・液浸対物レンズに対応した測定も可能
●パルス幅測定:50fs~3.5ps ( 30fs~3.5psオプション)
●対応波長域:700~1250nm, 1250~2000nm

 

 

    Carpe を使用したレーザ、顕微鏡とのレイアウト例 (レーザ、Carpe、顕微鏡、PCの順)

 

応用

CarpeFemtoControlと一緒に使用すると、分散をコントロールしてよりくっきりと明確な顕微鏡画像を得ることが可能。

    FemtoControl については  こちらから

 

*3光子顕微鏡の分散補償については  こちらを参照  

 

 

                          

 

*APE社のスキャニングオートコリレーター(Autocorrelator)は

●低価格高機能な小型オートコリレーターMini

●次世代型にリニューアルした拡張性が高い高性能・高感度タイプ pulseCheck NX

●顕微鏡通過前後のパルス幅測定ができるCarpeの豊富なラインアップから最適なものを選択可能。

 

 

 

▲ページ先頭へもどる

▲ページ先頭へもどる