フォトテクニカ株式会社

お電話でのお問い合わせは

TEL.048-871-0067 FAX.048-871-0068

分光器の応用計測システム  ラマン分光計測 AvaRaman

logo_Avantes_BVbtn_catalog_enbtn_catalog_en

AvaRaman Bundles

    AvaRaman-Bundles

Raman Setup

  AvaRaman-Bundles

powder

   原料の特定

AvaSoft_Raman_

  AvaSoft-Raman

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AvaRamn

         AvaRaman

AvaRaman-Supreme-プローブ AvaRaman-プローブ2 AvaRaman-プローブ3 AvaRaman-プローブ4

 ファイバープローブ

 

ラマン分光は反応モニタリング、材料の特定、リモートセンシング、水溶液中に分散している微粒子状物質の特徴づけ等に有効で非弾性光子散乱の結果を計測することで得られる。

 

 AvaRaman-Bundlesは材料や状況により良いラマン計測が出来る様に構築された新たな

 システム。専用のソフト-AvaSoft-Raman 新たに開発された分析・診断用ソフト:

 Panolama Light を使用している。

 

 特長 

 AvaRaman-A   粉や液体等のラマン信号が強い場合
        ■AvaSpec-2048L :非冷却分光器 (788-1100nm), slit25, DCL-UV/VIS
        ■Laser(785nm:500mW, 150-3600cm-1 )

 

 AvaRaman-B   長い露光時間測定等のラマン信号が弱い場合
        ■AvaSpec-2048L-TEC :TEC冷却分光器 (788-1100nm), slit25, DCL-UV/VIS
        ■Laser(785nm:500mW, 150-3600cm-1 )

 

 AvaRaman-D    蛍光など特にラマン信号が微弱の場合
        ■AvaSpec-HERO(HSC1024x58TEC-EVO:高S/N, 高量子効率,高感度分光器 

      (788-1020nm), slit25
        ■Laser(785nm:500mW, 100-3600cm-1 )

 *背面照射型ディテクター採用タイプで超低ノイズを実現し、特に800-1160nmの

  NIR域で高波長分解能が得られる。

 

 *AvaSpec-HEROを使用したラマン分光計測(Avantes社ビデオ) 

 

 

 

 AvaRaman はサーモエレクトリック冷却システム(TEC)搭載のAvaSpec高分解能分光器

 と 532nm或いは785nmのレーザを組合わせたラマン分光計測システム。

 

特長

● 迷光のより少なくなった光学ベンチ採用。入光口からの光の漏れが殆どなく、95%の

  光がファイバーケーブルからディテクターに到達(標準的な物は15%位)

● 3段階のペルチェ冷却システムにより-30℃まで冷却でき、ダークノイズの削減に

  優れた効果

● 専用のソフト-AvaSoftRaman が付属
  Avantes社製、分析・診断用ソフトPanorama-Proも利用可能

● アプリケーションにより、4種類のファイバープローブを選択

 

   AvaRaman-532TEC
        ■AvaSpec-2048L-TEC with NC(535-752nm),slit25, DCL-UV/VIS
        ■Laser(532nm:50mW, 100-5400cm-1 )

  AvaRaman-785TEC
        ■AvaSpec-2048L-TEC with SI(785-1080nm), slit25, DCL-UV/VIS
        ■Laser(785nm:500mW, 100-3500cm-1)

 

 

 

ラマン分光の用途

◆医薬品  ◆鉱物(宝石)  ◆安全・セキュリティ  ◆農業   ◆環境   

◆化学・石油化学       ◆生物医学・医療   

 

 

 

▲ページ先頭へもどる