お電話でのお問い合わせは

TEL.048-871-0067 FAX.048-871-0068

分光器の応用計測 DOAS (差分吸収分光法)と CEMSシステムの取り組み (Avantes 社製)

 

分光器の応用計測はラマン・LIBS・発光・吸収・蛍光・反射・透過等の各種の計測方法が有り、化学・半導体・農業・食品・照明・環境・太陽光発電・ライフサイエンス・OEM等の分野でいろいろとに役に立っています。

近年ではDOAS (Differential optical absorption spectroscopy)差分吸収分光法が開発され、これは長光路大気中における気体の平均濃度を計測する手法であり、紫外-可視光領域では大気中の各種汚染物質においては広範囲で高い精度の計測を実現しています。Avantes社はこれまで世界各地で高性能なTEC冷却のAvaSpecを使用してCEMS(continuous emission monitoring systems )システムにより、各種の大気中のモニター計測を行っています。

 

 

■分光器:AvaSpec-ULS2048x64TEC-EVO  は

CCD背面照射ディテクター制御により極めて漏れ光が少なくS/Nの値が優れており、UV量子効率が高く紫外域での感度が良く紫外域のスペクトルの分析に優れ、更にTEC冷却によりノイズが極めて少ないので高波長分解能の計測が可能なので、大気中のモニターに最適です。

 

 

AvaSpec-ULS2048x64-EVO や AvaSpec-ULS2048XL-EVOは、コスト的に削減できます。

 

 

用途

●大気汚染のモニター   ●大気中の気体の濃度計測  

▲ページ先頭へもどる