お電話でのお問い合わせは

TEL.048-871-0067 FAX.048-871-0068

中赤外域(2μm)フェムト秒・ピコ秒パルスレーザ   Brevity シリーズ

logo_Novaebtn_catalog_en

 

Brevity_2015_web-

 

Brevity_graf2_-

 

 

 

 

Brevity_1

 

Brevity_2

 

 

 

 

 

 

 

 

  シリコン加工例

 

 

3光子顕微鏡 vs THG顕微鏡

Brevityは、NOVAE社が 独自のコンパクトファイバーレーザ技術を駆使して2013年春に2μm のフェムト秒・ピコ秒ファイバー レーザとして発表した。
2μm 域で高繰り返し10nJ のエネルギーが得られるフェムト秒ファイバーレーザは非常にユニークで 各産業用途から理科学研究用途まで幅広い分野に使用でき、各種のアプリケーションが期待されてきた。

2015年 Basics シリーズ ( Brevity Basics, Brevity Basics +,Brevity Basicsλ+) にリニューアルし、超短パルスで高ピーク出力(>100kW)が得られ、高品質のビームモードが得られる非常に安定したレーザとして販売。

2019年、Brevityシリーズ (Brevity λ+, Brevity HP, Brevity λ3)にリニューアルし、広範囲のアプリケーションに対応可能な中赤外光源として期待されている。

 

Brevity λ+は、中赤外域(2.1μm)を中心波長として100kWまでの高ピークパワーが得られ、パルス幅も100fs以下なのでスーパーコンティニウム光の発生などに最適。

Brevity HPは、中赤外域(1.96μm)を中心波長として3μJまでの高エネルギーが得られるので、ポリマー加工・半導体のバルク加工や非線形光学用の光源に最適。

Brevity λ3は、ピークパワーがメガワットクラスの中赤外域(1.7μm)のファイバーレーザで、特に3光子励起顕微鏡用の光源として最適。 

 

特長

●TEMººガウシャンモードのビーム品質のレーザ

●モノリシック・オールファイバー構造で高安定性

●高ピーク出力>100kW(Brevity Basics λ+)

●PER>10dB

●アイセーフな波長により、装置化時の安全対策コストも安価。

●シリコンの内部加工、有機材料やポリマーのトリートメントや微細加工等の産業用途から、理科学研究用途の幅広い分野に新たな可能性を広げることが可能。

 

用途

●中間赤外域(MIR)分光

●OPO, CPAシステムのシード光源

●ポンププローブ計測

●中赤外域スーパーコンティニュアム光発生

●MIR 非線形光学

 

Brevity λ+
●波長域:2100nm (2.1μm)

●ピークパワー:<100kW
●平均出力:150mW
●パルス幅:<85fs
●繰返し:20MHz
●ガウシャンビーム、シングルモード

 

Brevity HP

●波長域:1960nm (1.96μm)±20nm

●最大エネルギー:>3μJ
●平均出力:300mW
●パルス幅:<2ps
●繰返し:100kHz
●ビーム品質:M2<1.5

Brevity λ3

●波長域:1700nm (1.7μm)

●最大エネルギー:>100nJ
●平均出力:>100mW
●パルス幅:<100fs
●繰返し:1MHz

▲ページ先頭へもどる

▲ページ先頭へもどる