お電話でのお問い合わせは

TEL.048-871-0067 FAX.048-871-0068


LC社は1994年にVilnius University Laser Research Centerから設立されました。

フェムト秒 OPAとYbべ-スのフェムト秒レーザ光源のパイオニアであり、それらの販売やOEM供給でこれまでに500台以上を出荷した実績を持ち、連続波長可変ウルトラファーストレーザのリーディングカンパニーになりました。
長年のコリニア&ノンコリニアOPAの開発技術、並びに高度なフェムト秒レーザの技術を基本としてハイエンドなシステムを開発しています。理科学用では拡張型分光システムを開発し、顕微分光用のモジュールも提供しています。

レーザの設計と製造設備、最先端の研究開発施設等により、産業用途や理科学用、そして医療用に対してもユニークなソリューションを提供しています。産業界では24/7稼働の何百ものレーザシステムが10年以上経過し、LC社製フェムト秒レーザの信頼性を証明しています。LC社の知恵と経験とより良い物を生み出そうとするプロフェッショナルチームの高い意識により、ハイクオリティと顧客の満足度に焦点を当てて、今後も更に進化していきます。

 

HARPIA, HARPIA-TA, HARPIA-TF, HARPIA-TB 拡張型分光システム Light Conversion 社

拡張性分光システム、ウルトラファースト過渡吸収分光器   HARPIA, HARPIA-TA/TF/TB

btn_catalog_en

    HARPIA

 

フラッシュフォトリシス

 

  HARPIA-TA

 

 フェムト秒ポンププローブ

IRフェムト秒ポンププローブ

 

HARPIA 拡張的分光システム

 

 

 

 

 

 

 HARPIA-TF

 

 

 

 

 

 アップコンバージョン蛍光計測

 

蛍光アップコンバージョン配置

 

 

 

 

 

 

 

     HARPIA-TB

 

 

時間分解誘導ラマン散乱

フェムト秒励起DUMPプローブ

 

    HARPIA-MM

 ポンププローブ分光例

     ① TA+TF

             ② TB+TA

       ③ TB+TA+TF

HARPIAは拡張型分光システムで、基本のHARPIA-TA HARPIA-TF, HARPIA-TBを追加して拡張することが可能。HARPIAは高平均出力フェムト秒レーザPHAROS(>20W)を励起光源として、PC 制御可変OPA:ORPHEUS(>1MHz)をプローブ光として組合せ可能な小型ポンププローブシステムの過渡吸収分光システム。フェムト秒レーザ過渡吸収分光や多様な時間分解分光、更に蛍光分光や時間分解誘導ラマン散乱、フラッシュフォトリシス等の計測もすることができる。

驚異的に小さな設置スペースに組合わせて使用でき、スモールサイズにもかかわらず、ユーザーの計測ニーズや新たな応用に合わせてカスタムな組合わせで対応可能。

 

      HARPIA / HARPIA-TA                                    UV/VIS/NIR/MIR  MIR
プローブ展開波長 1030nm 515nm 800nm n/a
プローブ波長レンジ 460-1600nm 350-750nm 330-1400nm 190-16000nm
可能なスペクトルレンジ 200-1100nm, 900-1700nm,又は 900-2600nm 2-13μm
ディレイ                    2ns, 4ns, 8ns
ディレイ分解能                                     2.1fs, 4.2fs, 8.3fs
レーザ繰り返し周波数                                         1-1000kHz

 

HARPIA-TAは、ウルトラファースト過渡吸収分光器で、PHAROSやCARBIDEと一緒に使用することにより、1MHzまでの高繰返し・広帯域波長可変レーザシステムになる。また特別の光学系、ソフトウェア、データ解析ソフトを構築しており、最大24μm まで波長可変でき分光分析等に最適。以前に比べて極端にコンパクトになってリニューアルし、時代のニーズに合うように再構築されており、最小限の光学パスでビームが届き、光学安定性が増加。

 

特長

●市場をリードする分解能:フラッシュフォトリシス( ディレイ分解能:100ps,     時間分解能: 2ns, SNR: 40:1)              

●拡張可能なスペクトルレンジ:330nm~24μm 
●ディレイレンジ:2ns, 4ns, 8ns
●励起エネルギー:nJ~可能

●フォトダイオード or マルチチャンネルディテクター使用●寸法:730x420x160mm

●分光分析に最適

 

応用

■光化学 ■光生物学 ■光物理学 ■材料科学 ■半導体物理学 ■時間分解分光    

 

 

 

 

HARPIA-TFは、フェムト秒アップコンバージョン蛍光分光システム と TCSPC(数百ピコ秒~マイクロ秒での時間相関単一光子計数法)技術を組み合わせた時間分解蛍光分光計測モジュール。

 

特長

●波長スペクトルスキャニングが自動で、結晶・プリズム等アップコンバージョンの較正も自動

●ピコ秒からマイクロ秒間に於ける蛍光ダイナミクス計測(TCSPC)

●アップコンバージョン蛍光計測モードとTCSPCモードの自動スイッチ切替

●分極化・強度分布・ディレイ・波長など自動計測・制御

 

[アップコンバージョンモード]

●波長域:300~1600nm 

●波長分解能:100cm-1

●ディレイレンジ:2ns, 4ns, 8ns
●ディレイ分解能:2.1fs, 4.2fs, 8.3fs
[TCSPCモード]

●発振波長域:320~820nm 

●固有の時間分解能:<180ps (標準ディテクタ) <50ps (高速ディテクタ)

●最大計測速度:5μs

●SNR : 100:1

 

  時間相関単一光子計数(TCSPCモード)   時間分解蛍光アップコンバージョン

 

HARPIA-TBは、HARPIA-TAに追加して「フェムト秒マルチパルス過渡吸収分光システム」を構築可能な第3のモジュール。

特長

●フェムト秒又はピコ秒のビームを追加

●偏向・強度・ディレイ等をコントロール

●フェムト秒励起ラマン散乱等をサポート

●Z-scanをサポート

 

        マルチパルス実験のHARPIA 光学配置                                               マルチパルス過渡吸収分光

 

                                                     

HARPIA-MMは、HARPIA用の顕微鏡モジュールで、特にポンププローブ時間分解分光に使用すると、特別にサブ5μmの分解能を得ることができる。

仕様

●分解能: 5 μm, 10μm
●作業距離: 13 mm
●波長レンジ:460~1100nm
●時間分解能: 500 fs
●サンプル移動範囲: 13x13x13mm

 

 

標準的なシステム 

HARPIA-TA  HARPIA-TF 

●フェムト秒過渡吸収 ●フェムト秒アップコンバージョン蛍光分光システム 

●数百ピコ秒~マイクロ秒での時間相関単一光子計数法 (TCSPC) 

 

HARPIA-TB + HARPIA-TA

●フェムト秒マルチパルス過渡吸収分光システム

 

HARPIA-TB + HARPIA-TA + HARPIA-TF 

●フェムト秒マルチパルス過渡吸収分光システム

●フェムト秒アップコンバージョン蛍光分光システム 

●数百ピコ秒~マイクロ秒での時間相関単一光子計数法 (TCSPC) 

 

④ その他カスタム対応

●過渡吸収信号や時間分解蛍光信号の強度分布の自動計測

 

*超高速分光分析用ソフトウェア → HARPIA Software

 

*HARPIAシステム使用の理科学用アプリケーションはこちら    

 

                                  

 

 

 

 

▲ページ先頭へもどる

▲ページ先頭へもどる