お電話でのお問い合わせは

TEL.048-871-0067 FAX.048-871-0068


理科学用途のコンパクトな各種ナノ秒レーザを開発・販売しているEKSPLA社が開発したコンパクトなウルトラファーストファイバーレーザは、ターンキーの簡単操作とモノリシック・オールインファイバーデザインにより、メンテナンスフリーを実現。理科学研究用途から各種の計測用途、アンプ用シード光源まで幅広く利用できます。

LightWireシリーズ フェムト秒・ピコ秒ファイバーレーザ EKSPLA社

フェムト秒ファイバーレーザ LightWire FFS シリーズ

btn_catalog_en

 

 

FFS200CHI_

 

FFS100CHI-AOM-

 

 

  FFS100CHI

 

        FFS200

LightWire FFS シリーズは標準的なフェムト秒YAG レーザのアンプ用シード光源(CPA)として最適なフェムト秒ファイバーレーザ。
ファイバー付きでアライメントも調整が不要。CHIモデルはコンプレション後、300fs まで短いパルスが得られる。そして12nmまでの広いスペクトル幅のチャープパルスが得られる(FFS200CHI)。またビーム品質:M<1.1の良質なビームが得られる。

ターンキーの簡単操作とモノリシック・オールインファイバーデザインにより、メンテナンスフリーを実現。理科学研究用途から各種の計測用途に対応可能。

 

特長

FFS100CHI
●波長:1030nm±1nm
●最大出力:>50mW

●パルス幅:7±2ps(チャープ後)

●最小パルス幅(コンプレス後): <300fs

●スペクトルバンド幅:8±1nm

●パルス繰返し:52±3MHz

●オプションのパルスピッカー(外付け)により、フレキシブルな可変(26kHz~52MHz)が可能

●フェムト秒YAG レーザのアンプ用シード光源(CPA)として最適


FFS200CHI

●波長:1030nm±1nm
●最大出力:>200mW@10MHz >100mW@1MHz >25mW@100kHz

●最大パルスエネルギー: 250nJ@<200kHz

●パルス幅:>50ps(チャープ後)

●最小パルス幅(コンプレス後): <300fs

●スペクトルバンド幅:12nm

●パルス繰返し:52±3MHz

●内蔵の周波数ディバイダーとパルスピッカーによる制御によりフレキシブルな可変(200kHz~52MHz)が可能

●チャーププロファイルをフェムト秒YAG レーザ等のコンプレッサーに適合するようにカスタマイズすることが可能

●パルス幅:フェムト秒YAG レーザのアンプ用シード光源(CPA)として最適

 

FFS200(旧FF200)

●波長:1064nm
●最大出力:>200mW 

●最大パルスエネルギー: 5nJ 

●パルス幅:<130fs

●パルス繰返し:40±2MHz

●超高速レーザ分光、THz時間分解分光等に最適

 

 

 

フェムト秒レーザ用途に最適な光学部品は→こちらから

フェムト秒レーザ用途に最適なレーザ結晶・非線形結晶は→こちらから

 

▲ページ先頭へもどる

偏波面保存ピコ秒ファイバーレーザ  LightWire FPSシリーズ

btn_catalog_en

 

FPS10_spectrum

 

FPS200-2_spectrum 

 

FPS200

 

FPS100-AOM 

 

LightWire FPSシリーズは、モノリシック偏波面保存ピコ秒ファイバーレーザ。

ターンキー操作、ファイバー付でアライメントも調整も不要。波長可変シード光は、アンプスペクトルとオーバーラップさせることが可能。費用効率が最も高い。

 

一体化したコントローラから直接ファイバー出力が得られ無駄が無く、ターンキーの簡単操作とモノリシック・オールインファイバーデザインにより、メンテナンスフリーを実現。標準的なYAGレーザのアンプ用シード光源(CPA)として最適。トランスフォーム限界に近いスペクトルバンド幅。

理科学研究用途から各種の計測用途まで幅広く利用可能。

 

LightWire FPSシリーズ

特長

FPS10

●波長:1064nm±0.2nm可変
●最大出力: >2mW
●パルス繰返し:40±2MHz

FPS100

●波長:1064nm±0.2nm可変
●最大出力: >80mW
●パルス繰返し:40±2MHz

FPS200

●最大パルスエネルギー:50nJ@<1MHz

●波長:1064nm±0.2nm可変
●最大出力: >200mW@10MHz >40mW@1MHz >5mW@100kHz
●パルス繰返し:40±2MHz

*FPS10/100はパルスピッカーオプションにより可変(20kHz~40MHz)できる。

FPS200は内蔵の周波数ディバイダーとパルスピッカーによる制御で、フレキシブルな可変(20kHz~40MHz)が可能。
●パルス幅 : 2.3±0.3ps / 7±1ps / 9±1ps

●ビーム品質:M<1.1
●パルスエネルギー:50pJ / 2nJ / 50nJ
●スペクトル線幅:0.7±0.2nm / 0.4±0.1 nm / 0.25±0.05 nm

 

* FPS10/100-AOM

高度なファイバーパルスピッカーオプション(パルス繰返し: 20kHz~40MHz可変)とシンクロナス インターフェースにより、波長可変シード光は、アンプスペクトラムとオーバーラップさせることが可能。

 

 

 

ピコ秒レーザ用途に最適な光学部品は→こちらから

ピコ秒レーザ用途に最適なレーザ結晶・非線形結晶は→こちらから

 

▲ページ先頭へもどる

▲ページ先頭へもどる