お電話でのお問い合わせは

TEL.048-871-0067 FAX.048-871-0068

ナノ秒波長可変レーザ   NTシリーズ


EKSPLA社は1992年に設立されましたが、そのルーツは1983年設立のEKSMA 社レーザ部門にさかのぼります。 製品の品質と信頼性、迅速な供給、高レベルサービスだけでなく、顧客ニーズに対し常に注意を払っています。近年「理科学用波長可変Qスイッチナノ秒YAGレーザ」をダイオード励起で新開発し、長寿命を実現しています。
 

NT230/240/250/270/340シリーズ  理科学用波長可変ナノ秒レーザ EKSPLA社

   NT230シリーズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  NT240シリーズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

      NT250シリーズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  NT270シリーズ

btn_catalog_en

NT230シリー ズは、コンパクトなハウジング内にOPOとダイオード励起QスイッチNd:YAGレーザを高度に集積した一体型の波長可変ナノ秒OPO(波長可変レーザ)。

波長設定もPC制御で紫外~赤外域までハンズフリーオペレーション操作が可能。1064nmにて50Hzの繰返しで15mJ、100Hzの繰返しにて9mJの高エネルギーが得られ、紫外域( 260nm ) でも1.8mJのエネルギーが得られる。広い範囲で波長可変でき、高品質のビームが得られるので、計量学や非線形光学等、各種のラボ応用研究用途に最適。

 

特長

●波長チューニングレンジ:192~2600nm

●最大パルスエネルギー:15mJ@50Hz,1064nm  1.8mJ@50Hz,260nm

●パルス繰返し:50Hz, 100Hz
●パルス幅: 2~5ns
●線幅: 5cm-1

 

用途

■レーザ誘起蛍光法

■バイオフォトニクス

■リモートセンシング

■非線形光学

NT235はOEM用ダイオード励起波長可変レーザ

●チューニングレンジ:335~2600nm 

●最大15mJ@100Hz  (3mJ in UV)
●パルス幅:3-5ns

 

                                                                                 

 

NT240シリーズは高性能DPSS 励起レーザとOPO が一体型に集積されており、1kHz の高いパルス繰返しにて広帯域で波長可変できるので、ラボ内で各種の応用分光計測に対応出来る万能ツール。
堅牢な筐体で高安定性を維持出来るので幅広い用途に対応可能。
高いパルス繰返し周波数にて高エネルギーが得られるので、分光計測用だけではなく、材料加工やリモートセンシング等幅広い用途。

 

特長

●波長チューニングレンジ:210~2600nm

●パルス繰返し:1000Hz
●パルスエネルギー:450μJ, 60μJ (UV)
●パルス幅: 3~6ns

●線幅: 5cm-1

 

用途

■レーザ誘起蛍光法 ( LIF )
■レーザフラッシュフォトリシス

■リモートセンシング

■非線形光学
■フォトバイオロジー  

 

NT250シリーズは高性能DPSS 励起レーザとOPO が一体型に集積されており、1kHz の高いパルス繰返しにてUV域からNIR域まで波長可変でき、800nmにて1.1mJのパルスエネルギーが得られる。また励起レーザ出力ポートとOPOビーム出力ポートが分かれている。

堅牢な筐体で高安定性を維持出来、高い変換効率・安定した出力・メンテナンスが簡単等の優位性が有る。更にビルドインタイプの冷却用チラーにより、ランニングコストもメンテナンスコストもかなり削減できるため、幅広い用途に対応可能。
高いパルス繰返し周波数にて高エネルギーが得られるので、分光計測用だけではなく、光音響イメージング、フォトバイオロジーやリモートセンシング等にも最適。

 

特長

●波長チューニングレンジ:355~2600nm

●パルス繰返し:1000Hz
●パルスエネルギー:1.1mJ@800nm, 180μJ@400nm
●パルス幅: 1~4ns

●線幅: <8cm-1                                                                                                                    

 

NT270シリーズは高性能DPSS 励起レーザとOPO が一体型に集積されており、1kHz の高いパルス繰返しにてNIR域からIR域で波長可変できるので、近赤外から赤外域の分光計測、散乱型近接場顕微鏡(s-SNOM)、 単光子振動分光、ガス分光等に対応可能。

 

特長

●波長チューニングレンジ:2500~12000nm

●パルス繰返し:1000Hz
●パルスエネルギー: 80μJ@3000nm, 20μJ@7000nm
●パルス幅: <7ns

●線幅: <10cm-1

 

 

NT342

 NT340シリーズ

 

btn_catalog_en

NT340シリー ズは、コンパクトなハウジング内にOPOとNd:YAG Q スイッチレーザを高度に集積した一体型の波長可変ナノ秒OPO(波長可変レーザ)。

波長設定もPC制御で紫外~赤外域までハンズフリーオペレーション操作が可能。発振器は非線形結晶を埃や湿気から守る密閉構造になっており、理科学用研究用途に最適。

 

特長

●励起レーザ一体型ナノ秒OPO ( 355nm励起 )

●チューニングレンジ:192~4400nm
●最大パルスエネルギー:60mJ (VIS), 10mJ (UV), 15mJ (MIR)

●パルス幅: 3~5ns

●パルス繰り返し:10Hz, 20Hz                                                                                                                                 

●線幅:< 5cm-1  (ナローバンドモデル:< 3cm-1 )

●ファイバー出力、励起レーザビーム(355nm)と別の専用出力ポートオプション(532nm)

●アライメントミスなくフラッシュランプの交換が簡単に出来る

 

用途

●レーザ誘起蛍光計測

●フラッシュフォトリシス

●フォトバイオロジー

●リモートセンシング

●時間分解分光

●非線形光学

 

 

 

▲ページ先頭へもどる

▲ページ先頭へもどる