お電話でのお問い合わせは

TEL.048-871-0067 FAX.048-871-0068

拡張性分光システム、ウルトラファースト過渡吸収分光器   HARPIA, HARPIA-TA

btn_catalog_enbtn_catalog_en

 

    HARPIA

            ① TA+TF

 

             ② TB+TA

 

       ③ TB+TA+TF

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  HARPIA-TA

 

 

 フェムト秒ポンププローブ

 

IRフェムト秒ポンププローブ

HARPIAは拡張型分光システムで、基本のHARPIA-TA HARPIA-TF, HARPIA-TBを追加して拡張することが可能。HARPIAは高平均出力フェムト秒レーザPHAROS(>20W)を励起光源として、PC 制御可変OPA:ORPHEUS(>1MHz)をプローブ光として組合せ可能な小型ポンププローブシステムの過渡吸収分光システム。フェムト秒レーザ過渡吸収分光や多様な時間分解分光、更に蛍光分光や時間分解誘導ラマン散乱、フラッシュフォトリシス等の計測もすることができる。

驚異的に小さな設置スペースに組合わせて使用でき、スモールサイズにもかかわらず、ユーザーの計測ニーズや新たな応用に合わせてカスタムな組合わせで対応可能。

 

標準的なシステム 

HARPIA-TA  HARPIA-TF 

●フェムト秒過渡吸収 ●フェムト秒アップコンバージョン蛍光分光システム 

●数百ピコ秒~マイクロ秒での時間相関単一光子計数法 (TCSPC) 

 

HARPIA-TB + HARPIA-TA

●フェムト秒マルチパルス過渡吸収分光システム

 

HARPIA-TB + HARPIA-TA + HARPIA-TF 

●フェムト秒マルチパルス過渡吸収分光システム

●フェムト秒アップコンバージョン蛍光分光システム 

●数百ピコ秒~マイクロ秒での時間相関単一光子計数法 (TCSPC) 

 

④ その他カスタム対応

●過渡吸収信号や時間分解蛍光信号の強度分布の自動計測

 

*超高速分光分析用ソフトウェア → HARPIA Software & Data Samples  

 

 

HARPIA-TAは、ウルトラファースト過渡吸収分光器で、PHAROSやCARBIDEと一緒に使用することにより、1MHzまでの高繰返し・広帯域波長可変レーザシステムになる。また特別の光学系、ソフトウェア、データ解析ソフトを構築しており、最大24μm まで波長可変でき分光分析等に最適。

 

以前に比べて極端にコンパクトになってリニューアルし、時代のニーズに合うように再構築されており、最小限の光学パスでビームが届き、光学安定性が増加。

 

特長

●プローブ光:800nm励起白色光 (350~1100nm), 515nm励起白色光 (350~750nm),

                  1030nm励起白色光 (480-1100nm)
●対応波長域:200~2600nm (マルチチャンネルディテクタ),

●拡張可能なスペクトルレンジ:180nm~24μm (シングルチャンネルディテクタ)
●ディレイレンジ:4ns, 6ns, 8ns
●ディレイ分解能:4.2fs, 6.3fs, 8.3fs
●パルス繰返し:1~1000kHz
●フォトダイオード or マルチチャンネルディテクター使用●寸法:730x420x160mm

●分光分析に最適

 

応用

■光化学 ■光生物学 ■光物理学 ■材料科学 ■半導体物理学 ■時間分解分光    

 

▲ページ先頭へもどる