お電話でのお問い合わせは

TEL.048-871-0067 FAX.048-871-0068

ハイパースペクトルカメラ HSC-2の効果的な使用法  (SENOP社製 )

 

 

SENOP社は安全性とセキュリティを重視したアプリケーション向けに、信頼できる光学機器やシステムを構築しています。

 

◆ハイパースペクトルカメラ HSC-2

革新的で迅速な動きのフレームを基本としたフレームカメラで、リアルタイムに各々のピクセルにスペクトル応答出来るハイパースペクトルスナップショットデバイスです。可視から近赤外域(VNIR)において、波長毎の画像データを高いフレームレートにて狭いバンド幅で取得し集めたデータキューブから、非常に正確な画像情報を得ることが出来ます。

特長

   ●高解像度:1 Mpixel

   ●CMOSセンサ、グローバルシャッター採用

 ●最大フレームレート:149フレーム/秒 (10bit)

 ●波長範囲:500~900nm,  450~800nm,  顕微鏡用500-900nm

 ●狭帯域幅のスペクトルバンド~1000まで選べる

 ●メモリー保存:1TB

 ●軽量手の平サイズ(990g, 199x131x97mm) 

 

   

 

◆ソフトウェア:HSC‐2からEthrnet経由でPCに接続し、PCに入れたHSCソフトウェアで設定したパラメータにそって、設定した波長のライブスクリーン、ヒストグラム等が簡単にアクセス出来て計測表示されます。

 

農業、林業、水の研究、工業、医療、バイオ、分析、法医学等の分野で異物検査・品質管理・成分分析・環境調査他様々な用途に利用可能です。画像を解析するためには下記の画像解析ソフトが必要です。

 

◆HSC-2用の画像解析ソフト perClass Mira  

 

Senop HSC-2ハイパースペクトルカメラは、perClass Miraスペクトル画像解釈ソフトウェアと完全に互換性があります。

使いやすく数分で結果を提供し、最先端の機械学習を使用した自動モデルを構築してくれます。

直感的で正確なラベリングを使用して、カメラで取得した画像データを数分で類し、波長データ

ータューブを作成し像、グラフ、マッピングよび Excel データして出力することが可能です。

 
①ピクセルデータのクラス分け
下記は様々な物質を波長によりを分類する例で、異物検査などに有効です。
 
②サイズ分布
下記まざまな種類のードをイパースペクトル ータセットを使用して、ブジェクト イズ分布を定しブジェクトの状を徴付る方法をしています。
 

 

▲ページ先頭へもどる