お電話でのお問い合わせは

TEL.048-871-0067 FAX.048-871-0068

次世代型光パラメトリック増幅器 (OPA)   ORPHEUS-NEO  NEW!

 

 

 

   ORPHEUS-NEO-HP

 チューニングレンジ

 

    ORPHEUS-NEO-ONE

 チューニングレンジ

 

 

  長時間出力安定性

ORPHEUSシリーズは、高出力フェムト秒レーザ PHAROS CARBIDE用に開発されたフェムト秒OPAで、紫外から中赤外域までPC制御で波長チューニング可能 。

ORPHEUS-NEOは、簡単に使用でき手間の掛からないデザインで構築された、次世代型光パラメトリック増幅器 (OPA) で、理科学用途や応用計測等にとって非常に貴重なツールとして出現した。

高出力UVーNIR (320-2600nm) タイプとIR(640-16000nm) 出力強化タイプ が有り、産業用グレードの堅牢なメカニカルデザイン構成により、どちらのタイプも非常に顕著な長時間出力安定性を維持できる。

最も重要なのは、励起ビーム位置を感知して出力パラメータをモニターし続けることが出来る複数のディテクタを装備している点で、

最速でリモート診断やトラブルシューティングが可能。

ORPHEUS-NEOは、マルチフォトン顕微鏡・ウルトラファースト分光やその他の理科学用途にOPAを使用する方々の要望から発想を得て、最も安定した汎用性のあるツールとなる様に設計された待望の機器と言える。

 

特長

●高出力UVーNIR (320-2600nm) タイプ と IR(640-16000nm) 出力強化タイプ

●継続した出力モニター機能とビーム診断

●繰返し周波数:シングルショット~2MHz

●最大励起出力:80W

●最大励起エネルギー:80μJ

●完全に統合された波長拡張機能

●顕著な出力安定性

 

   Model

      ORPHEUS-NEO-HP

      ORPHEUS-NEO-ONE

  最大励起出力

                  80 W

  励起エネルギー

                20 – 800 µJ

  パルス繰返し周波数 1)

             シングルショット~2 MHz

  チューニングレンジ

     640 – 1010 nm (Signal)
     1050 – 2600 nm (Idler)

     1350 – 2000 nm (Signal)
     2100 – 4500 nm (Idler)

  変換効率

     > 7% @ 700 nm
  (40 – 800 μJ pump; up to 1 MHz)

     > 9% @ 1550 nm
  (40 – 800 μJ pump; up to 1 MHz)

     > 3.5% @ 700 nm
  (20 – 40 μJ pump; up to 2 MHz)

     > 6% @ 1550 nm
  (20 – 40 μJ pump; up to 2 MHz)

  スペクトルバンド幅

   80 – 220 cm-1 @ 700 – 960 nm

   60 – 150 cm-1 @ 1450 – 2000 nm

  パルス幅

     120 – 250 fs

     100 – 300 fs

  長時間出力安定性 (8時間)

     < 1% @ 800 nm

     < 1% @ 1550 nm

   パルス間のエネルギー安定性 (1分)

     < 1% @ 800 nm

     < 1% @ 1550 nm

      波長拡張オプション

     320 – 505 nm (SHS) 3)
     525 – 640 nm (SHI) 3)

640 – 1010 nm and 1050 – 1350 nm 4)
     4500 – 16000 nm (DFG) 5)

 

1)励起オプション (up to 20 µJ)の第二繰り返し周波数は HPモデルで得る事が出来る 

2)出力パルス幅は波長や励起レーザのパルス幅による  

3)変換効率はピークで1.2%で励起出力の値による 

4)変換効率は7%@700nmで励起出力による                   

5)変換効率は30~2000μJ励起に対して0.3%@10000nmで励起出力による

 

▲ページ先頭へもどる