お電話でのお問い合わせは

TEL.048-871-0067 FAX.048-871-0068

広帯域波長可変高出力ピコ秒 光パラメトリック発振器(OPO) Levante シリーズ

logo_APE
APE社は1992年に創立しオートコリレーター、波長測定・制御装置やシンクロナスポンプOPO(Optical Parametric Oscclator)などの開発・設計製造および販売を行っています。シンクロナスポンプOPO製品はレーザメーカーへのOEM供給を行っており、ウルトラファーストレーザや、CARS顕微分光に最適なOPOシステムの開発製造および販売も行っています。また創立以来、数多くのオートコリレーターを出荷しており、主要レーザメーカーで採用されるなど、ウルトラファーストパルス測定の標準器と言っても過言ではありません。

 

LEVANTEシリーズ 高出力フェムト秒・ピコ秒レーザ(OPO) A.P.E社

btn_catalog_en

Levante-Emerald

 

Levante Emeraldは、モードロックNd:YVO4レーザ又はモードロック イットリビウムレーザの第2高調波を励起光源に使用することで、近赤外域で連続的に波長可変できるフェムト秒・ピコ秒高出力シンクロナスポンプOPO。

その出力は、フーリエ限界パルスのバンド幅、優れたビーム品質とビームポインティング安定性を兼ね備えている。signal光とidler光の出力は、コリニア出力され完全に空間的、時間的にオーバーラップしている。

高出力かつ狭帯域ピコ秒パルスを得る為の最適な光源。

 

近赤外域 (680-2300nm)で連続的に波長を変更できるので、CARS顕微分光のような多波長励起の実験用に理想の光源。(532nm励起)

制御ソフトをリニューアルして全自動制御が可能になり、波長チューニングも簡単。

Levante Emerald HP もラインナップ

20W@532nm, 15ps

>6W@(750-990nm)

 

特長

●繰返し周波数固定の励起レーザ専用にすることで低コストで高出力を実現
●近赤外光励起による蛍光性試料への対応
●試料の光学的損傷の軽減
●イメージングに最適な狭いスペクトル幅
●空間分解能の向上

 

Levante Emerald

様・用途

■出力(signal光): 最大0.75W@80MHz(4W@532nm励起時)

■波長チューニングレンジ:690-2300nm

■線幅: 0.3-0.4nm

■パルス幅: 6ps以下

■2波長発振
■完璧に同期した2波長のピコ秒パルス発生
■CARSやラマン分光実験に最適なピコ秒パルス

■高調波オプション(SHG,THG, FHG, DFG)

 

Levante Emerald HP

仕様・用途

■出力(signal光): 最大6W@80MHz(20W@532nm励起時)

■波長チューニングレンジ:690-2300nm

■線幅: <0.1nm

■パルス幅: 15ps以下

■2波長発振
■完璧に同期した2波長のピコ秒パルス発生
■CARSやラマン分光実験に最適なピコ秒パルス

■高調波発生ユニットオプション(SHG,THG, FHG, DFG)

*高調波発生ユニットHarmoniXX FHG(3+1)を用い200nm以下の深紫外光で得られる高出力UV光源は、高分解能光電子分光やUV遷移ダイレクト1光子励起用途に最適。   

   

 

btn_catalog_en

Levante-IR-ps

 

Levante IR は、モードロックピコ秒Nd:YVO4レーザを励起光源としたシンクロナスポンプOPO。OPOと励起レーザとの間のパルスジッターは無い。

繰返し周波数固定の励起レーザ専用にすることで、低コストで高出力を実現。

波長チューニングは、温度チューニングにより行い、高速で行うことが可能。

対応波長域は、SHG、THGや差周波発生を行うことで、紫外波長から中赤外波長域に拡張可能。 MIR(>10μm)光の直接発生が可能。

 

特長

フェムト秒タイプ

●出力(Signal光) 最大1W@80MHz(6W励起時)

●波長チューニングレンジ 1350-4000nm

●パルス幅 200fs以下

 

ピコ秒タイプ

●出力(signal光) 最大2W@76MHz(10W励起時)

●波長チューニングレンジ 1450-4000nm

●線幅 0.6nm以下@1600nm

●パルス幅 8ps以下

●時間バンド幅積 トランスフォームリミットの1.5倍以内 

picoEmerald-S

 

picoEmerald_2017-

 

power-vs-wavelength_picoemerald--

 

intensity-noize_picoemerald

btn_catalog_en

 

                                                                                    picoEmeraldは、Levante Emerald の技術を保持して、モードロックNd:YVO4レーザを内蔵した一体型ピコ秒OPO で、一体型ならではの安定性に優れており、ハンドフリーオペレーションも可能。

CARS・SRS等の顕微鏡・分光用途に最適な可変ピコ秒光源として、可変可能な2色の光源が全て自動制御で得られ、リニューアルしてより使い易くなった。

パルス幅2ps、線幅10cm-1により、高い信号強度とスペクトル分解能を実現。指紋領域を含む400~9000 cm-1のラマンバンドをカバーし、波長スイープ機能を搭載する。

700~1950nmで 波長可変でき、変更しても2色の光パルスは、時間的・空間的に完全オーバーラップする。

オプションで、高周波ロックイン計測のために、ポンプレーザ光340~1100nmにおいて出力の8~20MHz 高速強度変調が可能で、ビデオレートSRSイメージングにも対応する。

CARS、SRS以外にも、誘導ラマン顕微分光用途、多光子蛍光や第二高調波発生を含むマルチモーダルイメージン グに最適。

 

特長

●コンパクトサイズ: 945(W) x 470(D) x 360(H)mm

●波長域: 1032nm±1.5nm (1032nm Beam)

700~990nm (OPO Signal), 1080~1950nm (OPO Idler)

●出力 (1032nm Beam): >700mW

(OPO Signal):>700mW at 800nm

(OPO Idler):>400mW at 1250nm

●OPO カバー領域:400~9000 cm-1

●パルス幅:2ps

●スペクトル線幅:10cm-1

●ポインティング安定性:<100μrad/100nm

●波長掃引機能

 

 

btn_catalog_en

Emerald-Engine_2016

 

 

Emerald Engineは、picoEmeraldやLevanteEmeraldで使用されてるピコ秒OPOの基本オシレータ(励起光源)で、シンクロナスポンプレーザには不可欠な光源。

シンクロナスポンプOPOは進化して、ピコ秒コヒ-レント ラマン計測やビデオレートSRSイメージング等のアプリケーションで日常で気軽に使用できるパルスレーザ光源になった。

Emerald EngineBasic-Duo

赤外ファイバーレーザをベースにして周波数倍増出力ユニットと共に使用すると、2つのビームが得られる。  

①周波数倍増出力:>3W@516nm, 2.5ps

②基本出力   : >0.75W@1032nm, 2.5ps

2つのビームは同期しており、ジッターも生じ無い。

 

Emerald Engine HPBasic-Duo  

高出力が必要とされるアプリケーションには 

①周波数倍増出力:>6W@516nm, 2.5ps, 80MHz

②基本出力   : >3W@1032nm, 2.5ps, 80MHz

2つのビームは同期しており、ジッターも生じ無い。

 

Emerald EngineBasic Green Longpulse

周波数倍増出力:>4W@516nm, 5ps, 80MHz

 

Emerald Engine HPBasic Green Longpulse

周波数倍増出力:>8W@516nm, 5ps, 80MHz

 

特長

●繰返し周波数は冷却用ベースプレートにより安定化

●Windows PC を基本とした制御用ソフトウェア内蔵 

▲ページ先頭へもどる