お電話でのお問い合わせは

TEL.048-871-0067 FAX.048-871-0068

LCOS 反射型 2 軸 高速・高解像度液晶空間光変調器 SLM HSP 1920x1152 

meadowlark_opticsbtn_catalog_jp

SLM HSP1920x1152

 

 

   PCle Controller 使用

 最速1.4msで応答可能

 

  冷却システム   

 

 

低リップル:<0.2%

 

      高回折効率

 

SLM-512x512

 

SLM-512 x512

Controllers 

 

回折効率

 

 SLM +optics kit

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ハイブリッド波面整形

 

  体積イメージング

 

 

SLMを利用したホログラム例jpg 

ホログラム

SLMを使用した例1

オプティクスのレイアウト

 

 

 

シリコンに液晶をコーティングした(LCOS) 型反射型SLM は純粋な位相アプリケーション用のユニークな設計。またそれと独立して常に新しいレートで直接アナログデータを届けるアナログドライブ技術により、リップルの殆どない安定した位相安定性を得ることが可能。反射型アナログSLM シリーズは反射型LCOS 技術に基づいている。

用途はビームステアリング、回折光学素子、スペクトルチューニング他各種応用に使用出来、紫外域から近赤外域まで対応可能。

 

◆高速・高解像度液晶空間光変調器  SLM HSP1920 x 1152                                                

LCOS反射型SLM の高速・高解像度モデルで1920x1152 個のピクセル(画素) の特大液晶板(シリコン バックプレーン)により高出力レーザビームにも対応でき、 アナログドライブ技術と高いリフレシュレートにより、リップルが0.2%まで少なくなり、安定した位相変調が可能。この高出力対応バックプレーンSLM は液晶の早いレスポンスタイムと共に、安定した高速位相変調を行なえるので、高速・高回折効率でリップルの少ない位相変調を高出力レーザで行いたい場合のアプリケーションに最適。

 

SLM HSP1920x1152は高速応答を目的とし、最新のPCle高速デジタルコントロ-ラを採用する事で応答時間<1.4ms(<422.4Hz)にて位相リップル<0.2%で変調する事が出来る。これはHDMIコントロ-ラを使用する場合に比べて応答速度が最大1/8に短縮している。                                                                                                                                                                                                                                                                                     

また高出力のパルスレーザやCWレーザに対応可能で、ピークパワー15GW/cm2まで対応できる。高平均出力レーザへの対応も冷却システムを使用する事で可能性が拡がる。                                                                                                                                                                                        

 

特長

●高速応答: 応答時間<1.4ms (<422.4Hz)@488-800nm

●高回折効率:88%

●高解像度: 1920x1152ピクセル

●高分解能・高反射率
●低リップル: <0.2%
●高ピークパワー対応: 15GW/cm2

●高平均出力対応:>410W/cm2

●波長範囲:488nm ~ 1650nm

●トリガー入力・出力と同期が可能

 

仕様

●ピクセル構成1920 x 1152
●有効アレイサイズ: 17.6 x 10.7mm
●光利用効率: 95.7%
●ピクセル間隔: 9.2μm x 9.2μm

 

◆高速応答反射型空間光変調器 SLM 512x 512                                 

 

SLM-512x512 はLCoS 反射型SLM のXY ネマチックシリーズの標準型で、コントローラを選ぶことで高速応答が可能。PCle 8/16bitコントローラーを使用するとはPCへの伝送時間を<1.4msに短縮でき、トリガー入力・出力と同期できる。 DVI-16bitコントロラーはλ/1000位相用に便利。アナログドライブ技術により、低位相リップルで高い位相安定性がえられ、高リフレッシュレートで高速位相変調が可能。

 

特長

●高速応答: 応答時間>7ms (HSP)
●回折効率: 61-95%
●低リップル
●高出力対応
●波長範囲: 400nm ~ 1650nm

*SLM-512x512は高速タイプ(HSP)、高精度タイプ(PDM)、高速&高精度(HSPDM)が有り、用途に応じて選択可能。

 

仕様
●応答時間:3-130ms
●ピクセル構成: 512 x 512
●有効アレイサイズ: 7.68 x 7.68mm
●光利用効率: 83.4-100%
●ピクセル間隔:15μm x 15μm

 

*オプティクスキット

LCoS SLM XY型を使用する際に便利なキットで、精密なリニアポラライザー、半波長リターダー、レンズ等SLM のアライメントを素早く出来る為のすべての光学系が含まれており、非常に簡単にシステムアップできる。
キットを使用することで、SLM 使用の各種応用・実験等に必要なシステムアップに要する時間が短縮でき、光学系の影響を最小限にすることが可能。

 

•Half-Wave Retarder
•a pair of Linear Polarizers

•Beam expander
•Lenses
•Tip/tilt stage
•Base plate and posts
•Laser and camera (optional)

 

 

高速・高解像度液晶空間光変調器 SLM HSP1920x1152SLM 512x512 の主なアプリケーションについて

 

用途

■2D/3Dビームステアリングで波面の位相変調に最適

*2軸(XY)SLMを使用したビームステアリング例   btn_catalog_en  btn_catalog_en

 

■顕微鏡内の光波シンセシス等の変調に最適

 

     

 

応用

◆ハイブリッド波面整形(STED 顕微鏡・マルチフォトン顕微鏡)
◆体積イメージング(ベッセルビーム)
◆パルス整形(CARS 顕微鏡、レーザマーキング、レーザ加工、レーザ通信)
◆HOT(Holographic Optical Tweezing)、光ピンセット、光操作

 

*上記の高速・高解像度SLMの応用に関する文献

 ★Imaging in Scattering or Turbid Media

 ★Volumetric Imaging

 ★Optogenetics

 ★PSF Engineering

 ★Pulse Shaping

 ★General Microscopy

 ★Holographic Optical Tweezing (HOT)

 

  上記をご覧になりたい方はこちらからご連絡下さい。  

 

 

 

▲ページ先頭へもどる