お電話でのお問い合わせは

TEL.048-871-0067 FAX.048-871-0068

スペクトル位相・強度測定解析装置    FC Spider

logo_APEbtn_catalog_en

SPIDER法でシングルショットでの測定が可能となり、高度なアルゴリズムにより

リアルタイムに位相測定が可能になった。

FC Spiderは、FewCycle 測定用のSPIDER でリアルタイム、 シングルショット測定対応他、ソフトウェアにより、内部シャッター、フィルターなど制御可能。
アライメントアシスト用内部カメラが搭載されているため、結晶での空間タイミングあわせが非常に簡単。FC Spider-NIR と FC Spider-VIS がある。

 

特長

●スペクトルの位相・強度および時間的な強度を測定
●シングルショット測定
●リアルタイム解析
●5fsからのパルスを測定

●USB接続

 

FC Spider-NIRFC Spider-VIS
●波長域 : 550~1050nm450~900nm
●スペクトル線幅 : >30nm@800nm10~50nm@550nm
●パルス幅 : <5~200fs10~50fs@550nm

 

SPIDER法

自己相関法やFROG法では、位相測定に長く時間が掛かり過ぎ、位相の時間的揺らぎの大きいレーザでは、測定中に位相が変動してしまい正確な測定が不可能であった。

SPIDER法は、シングルショットでの測定を可能とし、また非常に高速な解析アルゴリズムにより、ほぼリアルタイムに位相測定が可能なパテント技術。
再生増幅器のような複雑なレーザの調整用ツールとしても最適。

 

 

 

▲ページ先頭へもどる

近赤外域用スペクトル位相・強度測定解析装置    Spider IR

logo_APEbtn_catalog_en

IR%20Spider

SPIDER法でシングルショットでの測定が可能となり、高度なアルゴリズムにより

リアルタイムに位相測定が可能になった。

SPIDER技術を基本に、エタロンインターフェロメーターとグレーティングストレッチャー等により、スペクトルの干渉図形の解析によってスペクトル位相・強度を直接計測可能。

 

Spider IRは、1μm域のYbレーザの 測定に適するSPIDER でリアルタイム、 シングルショット測定に対応し、ソフトウェアにより内部シャッター、フィルターなど制御可能。
アライメントアシスト用内部カメラが搭載されているため、結晶での空間タイミングあわせが非常に簡単。

 

特長

●スペクトルの位相・強度および時間的な強度を測定
●970~1070nm

●バンド幅:>6~50nm

●パルス幅:30~500fs @1μm (チャープパルス<2ps)

●シングルショット測定
●リアルタイム計測・解析
●高度なソフトウェアによる自動制御とアライメント用の内部カメラ等の自動制御

 

SPIDER法

自己相関法やFROG法では、位相測定に長く時間が掛かり過ぎ、位相の時間的揺らぎの大きいレーザでは、測定中に位相が変動してしまい正確な測定が不可能であった。

SPIDER法は、シングルショットでの測定を可能とし、また非常に高速な解析アルゴリズムにより、ほぼリアルタイムに位相測定が可能なパテント技術。
再生増幅器のような複雑なレーザの調整用ツールとしても最適。

 

 

▲ページ先頭へもどる

超小型スペクトル位相・強度測定解析装置   Compact LX Spider

logo_APEbtn_catalog_en

21a-lxspider

SPIDER法でシングルショットでの測定が可能となり、高度なアルゴリズムによりリアルタイムに位相測定が可能になった。

Compact LX Spiderは、超小型(228(W) x 99(H) x 192(D)mm)SPIDER。
ノートパソコンより小さく、どこにでも持ち運び可能。
フェムト秒スペクトル位相をリアルタイムで測定を行い、 シングルショット測定にも対応。主にTi:Saレーザのスペクトルと強度及び時間的強度性能を知ることができる。
従来のSPIDERで手間のかかった空間/時間タイミングあわせが必要なく、自動キャリブレーション機能を搭載。簡単 にアライメントが出来るため納入調整不要。

 

特長

●波長域:750~900nm

●パルス幅:光学セット1・・・16~150fs

光学セット2・・・70~300fs

●Ti:Saレーザのスペクトル位相・強度および時間的な強度を測定し性能をチェック
●シングルショット測定
●リアルタイム解析
●自動較正機能搭載で納入調整不要

 

LX Spider Video by APE

 

 

SPIDER法

自己相関法やFROG法では、位相測定に長く時間が掛かり過ぎ、位相の時間的揺らぎの大きいレーザでは、測定中に位相が変動してしまい正確な測定が不可能であった。

SPIDER法は、シングルショットでの測定を可能とし、また非常に高速な解析アルゴリズムにより、ほぼリアルタイムに位相測定が可能。
再生増幅器のような複雑なレーザの調整用ツールとしても最適。

 

 

▲ページ先頭へもどる

レーザ計測・制御

フェムト秒・ピコ秒レーザ用計測機器

▲ページ先頭へもどる