お電話でのお問い合わせは

TEL.048-871-0067 FAX.048-871-0068

分光器の応用計測システム 発光計測 Irradiance measurement

logo_Avantes_BV
★Avantes 総合カタログ(英文)はこちらからbtn_catalog_jpbtn_catalog_en

AvaSoft-Irradiance

 

Irradiance----構成

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 OES:発光分光分析

 

発光測定は街灯などの自由空間での計測から、パルス化された太陽光発電のシュミレーター計測にいたる各種の放射量を測定するもので、分光器・光源・発光用専用ソフトウェア、そして積分球などのアクセサリーを使用して計測出来る。Avantes社の発光専用ソフトウェアは放射量・光量・量子量・カラー等を計測でき、放射照度較正用の光源と共に較正機能を装備している。

 

■分光器:AvaSpec-ULS2048CL-EVO (UV/VIS),

               AvaSpec-NIR256-2.5HSC-EVO (NIR)

■光源:AvaLight-DH-CAL (UV) AvaLight-HAL-CAL (VIS/NIR)

          較正:IRRAD-CAL-UV,  IRRAD-CAL-VIS, IRRAD-CAL-NIR

■ソフトウェア:Avasoft-fULL & AvaSoft-IRRAD   

■アクセサリー:AvaSphere-IRRAD(積分球) 又は CC-VIS/NIR(コサインコレクター)

■ファイバー:FC-UVIR-200-2

 

 

◆発光測定のやり方

 

 

◆付加製造(additive manufacturing)用、発光分光分析:OES(Optical Emission Spectroscopy)

3Ⅾプリンターのモニター等でプロセスコントロールに利用する事が可能。

 ■AvaSpec-ULS4096CL-EVO 200~400nm, grating3600 にて計測がお勧めで、4~10chのAvaSpec-multi-Channel構築により、高速多チャンネルプロセスコントロールが可能。

 

 

▲ページ先頭へもどる

分光器

応用計測

▲ページ先頭へもどる