お電話でのお問い合わせは

TEL.048-871-0067 FAX.048-871-0068

モジュラーデザイン産業用・理科学用 フェムト秒レーザ  PHAROS

 

 

btn_catalog_jpbtn_catalog_en

            PHAROS

 

 

   Pulse energy vs                              base repetition rate

 

 

  Typical Pulse duration

 

 

  near field beam profile

 

 

  far field beam profile

 

 

  typical spectrum of PHAROS2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PHAROS_2016_2--

  Harmonics Generators

   Harmonics energy vs

   pulse repetition rate

 

PHAROS I-OPA

 

I-OPA energy conversion

I-OPA Power VS Temperature

 

  BiBurst

 

 

PHAROSは、Yb:KGW結晶をレーザ媒質に採用した高出力フェムト秒レーザ。ミリジュールレベルのパルスエネルギーと高平均出力を組合わせたフェムト秒レーザで、理科学用途の応用にも研究開発・産業用途にも対応できる様に、メカニカル的に光学的に設計されている。コンパクトで熱的に安定したシールドデザインにより、各種の光学系や機械のワークステーションと高度に統合することができる。PHAROSが最初に発売されてから2021.04で15周年を迎え、更なる進化を目指している。

 

ダイオード励起のYbレーザなので、メンテナンスコストを削減できレーザ寿命が長い。一方堅牢なオプトメカニカルデザインにより、どんな環境下でも安定した操作が可能。

PHAROSはチューナブル機能:パルス幅 (100fs~20ps)、パルスエネルギー (~3mJ)、パルス繰返し (single shot~1MHz)、平均出力 (~20W)等の可変パラメータにより多くのアプリケーションに対応できる。また内蔵のパルスピッカ―の機能により、パルス・オン・デマンドモードが得られ、出力、パルス繰返し周波数、照射タイミングも自由に正確にコントロール可能。

 

フェムト秒レーザの高出力・高エネルギー化と、高いパルス繰返し動作の実現により、高品位、高精度な加工をより高速に実現可能。
フェムト秒パルスにより、最小限の熱影響でデブリの少ないクリーンなアブレーション加工を実現可能。

 

ORPHEUS(OPA)と組み合わせると、可変波長にて高繰返し、高出力、高ビーム品質のフェムト秒パルスが得られるので、マルチフォトン顕微鏡、微細構造加工等に最適。

ORPHEUSについての詳細はこちらから

1台のPHAROSで複数台のOPA励起も可能。

24/7の産業用途でも豊富な実績があり、信頼性の高い超短パルスレーザなので、産業用グレードのオプション(I-OPA) が追加されている。

 

特長

●中心波長  1030±10nm

●最大平均出力 20W (★PH2-3mJモデル : 20W,>3mJ,<350fs )(★PH2-UPモデル:20W, <100fs, <0.4mJ)
●パルス幅 100fs~20ps可変
●パルス繰返し周波数可変  シングルショット~1MHz

●最大パルスエネルギー 3mJ
●高品位なビーム品質 TEM00; M2<1.2 
●ワンボックスシールドパッケージ
●パルスピッカー内蔵によりパルスーオンーデマンド操作が可能

●堅牢で産業用グレードのメカニカルデザイン

●高度なサーマル安定化システム
●短いウォームアップタイム
●低ランニングコスト

●レーザヘッドに直付け可能な高調波オプション(自動切替・ 515nm,343nm,257nm,206nm)

 

主な仕様                                                          ★NEW                                                ★NEW

モデル  PH2-10W  PH2-20W       PH2-3mJ  PH2-1mJ-SP  PH2-2mJ-SP       PH2-UP
最大平均出力    10W    20W         20W        10W    20W   10W / 20W
パルス幅            < 290fs        < 350fs                <190fs      <100fs
パルス幅可変レンジ   290fs~10ps(20ps) 350fs~10ps(20ps)       190fs~10ps(20ps)   100fs~10ps
最大パルスエネルギー      0.2mJ / 0.4mJ           3mJ      >1mJ        >2mJ   0.2mJ / 0.4mJ
パルス繰返し                                       single shot ~ 1MHz
中心波長                                       1030nm±10nm

 

PHAROS_2022

 

                                                                               

PHAROS-HG(高調波ユニット) は (2H, 2H-3H, 2H-4H, 4H-5H) モデルが有り、堅牢な産業用グレードのデザインでレーザヘッドに直付けでき、システムに統合する事が可能。ソフトウェアにより自動で波長切換え出来る。

 

 

                                                                               

PHAROS I-OPA (産業用グレード光パラメトリック増幅器)は、PHAROSレーザヘッドに直付け出来る波長ユニットで非常に広帯域に対応可能。自動チューナブルタイプと固定波長タイプが有り、対象材料の特性に合わせて、吸収のある波長、吸収の無い波長などを選択することが出来、様々な加工手法実現の可能性が拡がる。

●励起出力:40Wまで

●パルス繰返し:2MHzまで

 

                                                                                                                                                                            

BiBurst (burst-in-burst 動作による可変GHz/MHz バーストの可能性)

高エネルギーフェムト秒レーザ PHAROSにフレキシブルなBiBurst機能を追加することにより、新しいハイテクな製造産業(家庭電化製品、ICチップ製造、ステント切断、表面機能化、次世代ディスプレイ工場、量子コンピュータ等)において新たな生産の可能性を拓ける。

材料加工の拡張性:

◆脆い材料の孔加工・切断  ◆深堀加工  ◆材料選別アブレーション ◆透明材料内部加工

 

 

 

 

用途

■マイクロマシニング
■マイクロ・ナノ構造の作製
■時間分解分光
■バイオメディカル
■ブラッググレーティング・ウェーブガイド製作
■マルチフォトン光重合など

 

PHAROSを使用した産業用アプリケーション例は →こちらから                                           

 

PHAROSを使用した理科学用アプリケーション例は →こちらから

 * PHAROSを使用した最新の理科学用アプリケーション →2021.5 LC news (XUUS-5 high Harmonic source)

 

 

 

 

フェムト秒・ピコ秒レーザ用途に最適な光学部品は →こちらから

フェムト秒・ピコ秒レーザ用途に最適なレーザ結晶・非線形結晶は →こちらから

▲ページ先頭へもどる