お電話でのお問い合わせは

TEL.048-871-0067 FAX.048-871-0068

ピコ秒 波長可変レーザ   PGシリーズ

 


EKSPLA社は1992年に設立されましたが、そのルーツは1983年設立のEKSMA 社レーザ部門にさかのぼります。 製品の品質と信頼性、迅速な供給、高レベルサービスだけでなく、顧客ニーズに対し常に注意を払っています。近年「理科学用波長可変Qスイッチナノ秒YAGレーザ」をダイオード励起で新開発し、長寿命を実現しています。
 

PGx01, PGx03シリーズ  理科学用波長可変ピコ秒レーザ EKSPLA社

 

 

   PGx01シリーズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   PGx03シリーズ

 

 

 

 

 

 

 

 

  PT277シリーズ

PGシリーズは、広帯域で波⻑可変でき、⾼いピークパワー(>50MW)が得られ、可視域で⾼エネルギー(1mJ)が得られ、しかもハンズフリー波⻑チューニングが可能なので⾮線形光学等に最適。

 

PGx01 シリーズ(⾼エネルギー型)btn_catalog_en

特⻑
●波⻑域:193〜16000nm
●⾼ピークパワー:>50MW
●パルスエネルギー:1mJ (VIS)
●パルス繰返し:50Hz
●パルス幅:〜20ps
●線幅:<6cm-1

 

⽤途
■⾮線形分光法:振動SFG、表⾯SH、CARS、Z スキャン

■ポンププローブ実験
■レーザ誘起蛍光(LIF)
■その他のレーザ分光⽤途

 

 

PGx03 シリーズ(⾼繰返し型)btn_catalog_en

特⻑
●波⻑域:210〜2300nm
●パルス繰返し:1kHz
●パルスエネルギー:70 μJ@NIR
●パルス幅:<20ps
●線幅:<6cm-1

 

⽤途

■時間分解ポンププローブ分光

■レーザ誘起蛍光(LIF)

■⾮線形分光法:振動SFG、表⾯SH、Z スキャン

 

PT277シリーズ(一体型NIR-IR波長可変ピコ秒レーザ)      

特長

●波長チューニングレンジ:1400~4450nm

●パルス繰返し:87MHz

●線幅:0.3cm-1@70ps

●出力(OPO): 300mW

用途

■振動顕微分光法(AFMと組合わせる)

■走査型近接場光顕微鏡S-SNOM)

■走査型熱顕微鏡(SThM)

 

 

▲ページ先頭へもどる