お電話でのお問い合わせは

TEL.048-871-0067 FAX.048-871-0068

2チャンネル・多チャンネル分光器  AvaSpec Dual-Channel / Multi-Channel

logo_Avantes_BV

Avantes社は1995年に設立され、分光器を中心とした光学機器のカスタム品や各種応用機器を発展させ、OEM製品を産み出していくという哲学のもと発展し、常に革新的で高精度、高品質、ユーザーフレンドリーの機器を創り出すことに力を置き、最先端の分光器、ファイバー、ソフト、光源、アクセサリーを提供しています。

 

光学ベンチ(AvaBench-ULS)

アプリケーションに対応する分光器ガイド
グレーティングの種類と波長への影響
グレーティング選択表例
ディテクター仕様と波長分解能グラフ
NIR Lineディテクター仕様
迷光と2次光の影響を防ぐオプションの種類と特徴

★Avantes 総合カタログ(英文)はこちらから

btn_catalog_enbtn_catalog_en

Avantes-Dual-2016

 

 

 

 

 

AvaSpec-Multichannel-4_2016_web

        4ch Desktop

 

 

AvaSpec-_Multichannel_2016

       8ch Rackmount

AvaSpec 各モデルの分光器は通常単独で使用するが、より高い分解能を要求する場合、

又は一度に2つの計測をしたい場合等に対応した、同じ分光器が2つ内蔵されている

AvaSpec Dual-Channel が有り、2つの分光器が独立して動作できる。

1チャンネルと2チャンネルを違うディテクタータイプにすることも可能。

 

Dual-Channel 寸法: 175x165x85mm,     1.8kg

 

 

 

さらに広帯域での計測や多角的な計測をする場合、より多くの分光器を一度に使用して、

そのコントロールを同時にすることが出来れば、効率よく計測ができる。

産業現場でのプロセスコントロール等、多くの分光器を一度に使用したいニーズには

AvaSpec Multi-Channel が有効。

 

●3~4ch デスクトップ型 寸法:315x 235x135mm  

 

●5~10ch ラックマウント型 寸法:315 x 445 x 135mm

 

内蔵させる分光器はディテクタータイプから選ぶことが可能で、各チャンネル毎に

スリット・グレーティング・オプション等を選択でき、チャンネル毎にシングル

USB2.0ケーブルで接続される。動作ソフトAvaSoft-Basic付き。

 

特長

●1台の中に最大10チャンネルが構築

●ニーズに応じてそれぞれのチャンネルが独立して稼働可能

●チャンネル毎に違う露光時間や平均値の設定が可能

●産業用プロセスコントロールに最適

 

対応するモデル: AvaSpec-128/ULS2048/ULS2048L/ULS2048XL

AvaSpec-NIR256/512

AvaSpec-EVO

 

 AvaSpec Multichannel-EVO  

新開発のAS-7010 MIcroprocessor board

(USB3.0 超高速通信 5Gbps、ギガビットイーサネット 1Gbps ) を採用した

超高速分光器 AvaSpec-ULS2048L-EVO  のマルチチャンネル型は

特に産業用プロセスコントロールに最適                       AvaSpec-EVOはこちら

 

またEVOシリーズに2048/4096ピクセルのCMOSディテクタを採用した最新型

超高速・高性能CMOS分光器    AvaSpec-ULS2048/4096CL-EVO のマルチ

チャンネル型はプラズマ計測用途に最適     AvaSpec-CMOS-EVOはこちら 

◆高性能プラズマ計測システム 

●高波長分解能、低コストシステム Ava-Plasma-A ( 4ch Desktop)

(4 x AvaSpec-ULS2048-USB2 )

●超高波長分解能システム Ava-Plasma-B    ( 8ch Rackmount)

(8 x AvaSpec-ULS2048-USB2 )

プラズマ計測はこちら

▲ページ先頭へもどる

分光器

ファイバー入射型分光器

▲ページ先頭へもどる