お電話でのお問い合わせは

TEL.048-871-0067 FAX.048-871-0068

超小型高分解能CMOS分光器  AvaSpec-Mini-2048/4096CL (MK-Ⅱ)

logo_Avantes_BV

Avantes社は1995年に設立され、分光器を中心とした光学機器のカスタム品や各種応用機器を発展させ、OEM製品を産み出していくという哲学のもと発展し、常に革新的で高精度、高品質、ユーザーフレンドリーの機器を創り出すことに力を置き、最先端の分光器、ファイバー、ソフト、光源、アクセサリーを提供しています。

 

光学ベンチ(AvaBench-ULS)

アプリケーションに対応する分光器ガイド
グレーティングの種類と波長への影響
グレーティング選択表例
ディテクター仕様と波長分解能グラフ
NIR Lineディテクター仕様
ディテクターの種類と特徴

★Avantes 総合カタログ(英文)はこちらから

btn_catalog_jpbtn_catalog_en

 

  AvaSpec-Mini(MK-Ⅱ)

AvaSpec-Mini は、超小型(名刺サイズ)ながら非常に高い分解能で計測可能な分光器。
2018.2月、高性能でパワフルなAvaSpec-Mini2048/4096CL (MK-Ⅱ)にリニューアル。
AvaSpec-Mini-2048/4096CL(MK-Ⅱ)は4096(2048)ピクセルの最新CMOS リニアーディテクタと迷光の少ない光学ベンチを採用して、ダイナミックレンジが3000:1 以上の高パフォーマンスを実現。
しかも温度安定性に優れているので、OEM組込みしても信頼性が高く、各種研究用その他の応用は無限大。
最新のCMOS 技術を駆使したCMOS イメージングセンサはブルーミング現象やスミア現象を⽣じることがなく、CCD ディテクタと同等の感度や波⻑分解能が得られる。
Grating と Slit の選択により最大0.09nm の非常に高い波長分機能を有することが可能。 光分析、環境計測を始め、化学実験やラマン分光、LIBS 等各種の研究用に最適。

 

特長

◆ CMOS リニア アレイ(CMOS linear array)
2048 ピクセルタイプ と 4096 ピクセルタイプ
最小波長分解能:>0.09nm (4096CL)
●AvaBench-75-MKⅡ(f=75mm)採用により迷光が0.2%以下
●ダイナミックレンジ: 3300 (>3000 : 1)
●露光時間: 最小30μs
温度安定性が高い入出力ポートは5ch まで配置でき、1 アナログ出力、1 アナログ入力用、1x5V
USB2.0 (480 Mbps) / ファイバーピグテイル(50cm)USB-A
USB ケーブルで PC へデータ転送時にUSB コネクターから直接充電できるので、外付けの電源は不要 (USB 出力500mA)
●SMA905 標準型ファイバーコネクター対応 (FC/PC オプション)
●超小型 95x68x20mm, 175g
●波長域: 200~1100nm
●Grating(300,600,1800), Slit(10/25/50/100/200/500μm・・・5μm 可能)

 

AvaSpec-Mini-2048CL
CMOS2048 ピクセル(14x200μs)
●感度: 337,500 /μW per ms 処理時間(ハロゲン電源、8μm ファイバーにて)
●波長分解能: 最小0.10nm
●S/N 比: 330:1
●データ処理速度: 3.0ms/scan
●データ転送速度: 4.6ms/scan

 

AvaSpec-Mini-4096CL
●CMOS4096 ピクセル(7x200μs)
感度: 261,000 /μW per ms 処理時間(ハロゲン電源、8μm ファイバーにて)

●長分解能: 最小0.09nm
●S/N 比: 300:1
●データ処理速度: 6.5ms/scan
●データ転送速度: 8.9ms/scan

 

▲ページ先頭へもどる

▲ページ先頭へもどる